株式会社城南製作所
2018年度の採用勤務地と業種
勤務地
東信
業種
製造
中里さん中里

今日お邪魔するのは自動車部品メーカー、「株式会社城南製作所」。窓ガラスの昇降装置やドア回りの部品などで世界シェアトップ5に入り、国内外の自動車メーカーとの取引実績があります。さっそく、ものづくりの現場をのぞいてみましょう。
技術部
金型技術課
降旗(ふりはた)伸悟さん
入社5年目
中里さん中里
「金型技術課」では、どんなお仕事をされているんですか。
降旗
当社は自動車の窓ガラスを昇降させる「ドアウィンドレギュレーター」を主力に、自動車のドア回り部品を製造しています。その中で私は、各部品を製造するための「金型」の設計を担当しています。いわば製品の土台となる存在ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
設計はパソコン作業ですか?
降旗
はい、CADソフトを使って設計します。一つの案件を任されてから設計図完成まで約2~3週間かかります。完成したら組み立て作業を行い、実際に部品のテスト製造をしてみるんですが、うまくいかなければ再度図面を調整することも。設計図ができたら終わりではなく、金型完成までさらに数カ月かかることもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
長い道のりですね。もともと車が好きで入社したのですか?
降旗
はい。出身地の長野でものづくりをしたくて、どうせなら好きな車に関わりたいと。部品メーカーの中でも、自社で金型や生産設備の設計、部品設計までを一貫して行う企業は少ないので、そこに可能性を感じました。
中里さん中里
仕事で嬉しさを感じるのはどんな時ですか?
降旗
まず自分の設計した金型が形になった時、そして最終的に出荷される形で部品が完成した時ですね。良い金型は、仲間とのコミュニケーションがないと生まれないんです。社内で色々な人から知識をもらいながら完成させますから、みんなで作り上げた感慨があります。今後は、他のスタッフが余裕を持って工程を組めるよう、正確で早い設計を目指したいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
まさにチームワークと技術で支えているんですね。続いては、ドアウィンドレギュレーターの設計を担当する窪田さんにお話をお聞きします。
開発部 設計二課
窪田哲也さん
入社2年目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
窪田さんは、これから世に出る自動車の部品を設計するのがお仕事ですね。
窪田
はい。各自動車メーカーでは、新車発売の約2~3年前から量産化の準備を進めています。そのタイミングでパワーウィンド昇降装置を受注し、量産可能なモデルを設計するのが私の仕事です。
中里さん中里
一言で「ドアウィンドレギュレーター」と言っても、1車種ごと違うのでしょうか?
窪田
そうなんです。一見、どの車の窓も同じように見えますが、車種によってサイズや求められるスペック、たとえば何万回動かせるかといった耐久度や耐久温度などが違うんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
なるほど。具体的な仕事の流れを教えてください。
窪田
メーカー担当者と直接やりとりしながら3Dモデルを製作し、試作品を作ります。それがうまくいけば社内の実験課で耐久試験を受けて量産化に至るのですが、なかなかスムーズにはいかず。1種類を完成させるまでに、だいたい2~3年かかりますね。

P2090146-min

中里さん中里
そんなに!地道な仕事ですね。やりがいを感じるのはどんな時ですか?
窪田
レギュレーターの構造や製法は昔からすでに確立されていて改良の余地は少ないんですが、だからこそやりがいを感じる部分でもあります。軽量化や強度アップなど、少しでもスペックの高い製品ができた時は嬉しいですね。技術を上げるためには経験の積み重ねが一番重要なので、積極的に取り組んでいきたいです。
中里さん中里
設計課を見ていると、みなさんとても仲が良さそうです。
窪田
そうですね。若手も多いですし、和気あいあいとしていますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
のびのびと働けそうな環境ですね。続いては営業の木村さんです。
営業部 営業二課
主事補 木村正紀さん
入社9年目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
木村さんは、自動車メーカーに営業するのですか?
木村
はい。国内外の自動車メーカーに自社製品を営業しています。各メーカーの新車開発の動向を伺い、「そろそろ新しい車、出しますか?では当社から提案させてください」と声をかける時もありますし、メーカー側から「こういった自動車を発売するので、部品の提案をしてほしい」と声をかけられることもあります。
中里さん中里
御社はシェアも上位なので、メーカーから厚い信頼を得ていて安定したイメージです。
木村
とはいえ競合他社も多いですし、今は自動車メーカーが部品製造も内製化する動きもあるので、常に情報を集め、こまめなレスポンスで関係性を築くことを大切にしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
受注した仕事は、設計部にバトンタッチするのですか?
木村
設計業務は任せますが、私たち営業も量産までのスケジュールを決めたり、仕様が変わったら予算を組み直したり。クライアントの希望と社内の現場の声をすり合わせる細かい調整も仕事です。
中里さん中里
ところで自動車メーカーというと、全国各地に点在していますよね。商談は各地へ足を運ぶのですか?
木村
そうなんですよ。広島や鈴鹿、宇都宮など、メーカーの会社や工場に週に1~2回出張しています。各地でおいしいものを探して食べることが楽しみです(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中里さん中里
それはうらやましい。休みはしっかりとれていますか?
木村
はい。実は入社の決め手は、週休2日が固定されていたことなんです。カーディーラーや他のメーカーからも内定を頂いたんですが、休みが不規則な企業もあって。今は毎週末、家族とゆっくり過ごしながらリフレッシュしています。
中里さん中里
オンとオフのメリハリがしっかりしているんですね。ありがとうございました!

編集後記

今回は初の製造業!広い敷地内を歩き、まずは工場内へ。すれ違う社員の方が笑顔で挨拶をしてくれ、初めから明るい雰囲気に。部品をうれしそうに眺める姿に、ものづくりに対する情熱と喜びを感じました。
社員の方の話を聞く中で、先輩や上司の話が出てきたり、冗談も言えたりと、若手がのびのび仕事に打ち込める環境が整っているのだな、と感じました。
車好きはもちろん、自分の手で世の中に新しいものを生み出したい、チームワークや人間関係を大事にしながら仕事がしたい。そんな学生さん・・・お待ちしています。

国内トップクラスの自動車パワーウィンドウメーカー!

勤務地
東信
業種
製造