ルミーズ株式会社
2018年度の採用勤務地と業種
勤務地
東信
業種
情報・コンサルティング
中里さん中里
今日やってきたのは、小諸市に本社があるルミーズ株式会社。ショッピングサイトなどの決済サービスを筆頭に、ソフトやシステムの開発を手がけています。みなさん、具体的にどんな仕事をされているのでしょう?まずはシステム課の宮鍋さんにお話を聞きました。
開発部決算システム課
宮鍋知恵子さん
入社6年目
中里さん中里
日々の仕事内容を教えてください。
宮鍋
システムの設計からコーディング、テストまで一連の流れを担当しています。プロジェクトごと2~3名でチームを組んで分担することが多いですね。

中里さん中里
ルミーズには中途採用で入社されたそうですね。
宮鍋
はい。以前もシステム開発の会社だったんですが、クライアントの社内に常駐して仕事をするスタイルで、転勤も多かったんです。結婚を機に将来を考え、腰を据えてやりたい仕事ができる会社を探して出会ったのがルミーズでした。社内で開発を行うので転勤が少ないし、面接で社風の良さが伝わってきたことが決め手になりましたね。

中里さん中里
実際に入社してどうですか。
宮鍋
それが、想像以上に良い環境だったんです!社長や専務など上の立場の方の気遣いが、とにかくすごいんですよ。社員をよく見ているし、誕生日の社員に社長が大きな花束をプレゼントしてくださったり、忘年会のビンゴ大会の景品も社長と専務が社員の希望を汲んで用意してくれたり。育児と両立できる環境も整っていて、産休から復帰後、子どもが病気で何日か休まなくてはいけない時も「子どもを第一に考えて」と声をかけられて、仕事をフォローしてもらいました。

中里さん中里
それは心強い。こんな学生に来てほしいというイメージはありますか?
宮鍋
チャレンジ精神がある人、新しいことをどんどん吸収したいという人はいいなと思います。前職で大企業に常駐していたんですが、どうしても担当がシステムの一部分に限定されてしまうんですね。その点ルミーズは自社で開発を行うので、すべての工程やサーバー管理など幅広い知識が身に着きますから。
中里さん中里
若手のうちから経験が積めるんですね。続いて、デザイン課の井出さんにインタビューです。
開発部デザイン課
井出夏海さん
入社6年目
中里さん中里
デザイン課ではどんなお仕事をされていますか?
井出
自社のウェブサイトやサービス紹介パンフレット、プロモーション動画の制作や、開発したアプリのデザインなどを行っています。

中里さん中里
自社の広報も!幅広いですね。
井出
特にウェブサイトは当社のサービスを知っていただく一番の入口なので、どうすればサービス内容や良さが伝わるか考えながらデザインしています。
中里さん中里
今までに印象的だった仕事は?
井出
入社3年目に、自社サイトのリニューアルを任せられたことです。難しかったんですが、サイトを見たお客様から資料請求があったり「デザインがきれいだね」と言っていただけて嬉しかったですね。入社1年目からデザイン課を一人で任されて、細かい部分まで責任を持たなくてはならず大変でしたが、とても勉強になりました。

中里さん中里
責任が伴うからこそのやりがいですね。社内の雰囲気はどんな感じですか。
井出
みなさん温かい人ばかりで、社長も専務もフレンドリーなので本当に働きやすいです。「こんな仕事がしたい」という声も届きやすく、すごくいい環境だと思いますね。

中里さん中里
ありがとうございました!続いては、決済システム課の大池さんにお聞きします。
開発部
決済システム課 課長
大池絢輔さん
入社6年目
中里さん中里
大池さんは、EC(電子商取引)サイトの決算システムの開発・保守・運用を担当されていますね。
大池
はい。最近では店舗向けに「pCAT(ピーキャット)」というクレジットカード決済サービスの開発を手がけました。スマホやパソコンを活用するので、従来に比べて低コストかつ簡単に導入できるのが特長です。
中里さん中里
画期的なサービスなんですね。
大池
僕自身、社内で「スマホでカード決済」というアイデアを聞いた時は革新的だなと思いました。こういうチャレンジは、ベンチャー企業ならではの面白さですね。サービスの開発に1から100まで関われる経験は、大手企業ではなかなかできないと思うので。

中里さん中里
アイデアや意見も通りやすいのですか?
大池
はい。基本的に佐藤専務のアイデアに僕たちが肉付けしてプロジェクトを進めていくんですが、「こういうことをやりたい」とか「こうした方がいいのでは?」という意見は言いやすいです。フラットな雰囲気は、社長や専務の人柄によるところが大きいですね。今、オフィスの拡張工事中なんですが、工事作業を社長自らやってるんですよ(笑)。DIYが得意で、よく作業着姿でいるのを見かけます(笑)。
中里さん中里
社長が工事を!親しみがわきます。どんな学生に来てほしいですか?
大池
アイデアマンだったら言うことないですね。アイデアはシステム開発で非常に重要なので。当社は自社で開発を行うので、コツコツとコードを組んだりすることが好きな人もやりがいがあるかなと。仕事量は多いですが、無理な勤務体系は一切ないんですよ。

中里さん中里
システムエンジニアというと、労働時間が長い印象がありますが・・・・。
大池
僕も前職ではそういう印象があったんですが、当社は残業がかなり少ないです。定時に帰る人も多いですし、7時半には社内に誰もいなくなりますね。僕も毎日7時ごろ退社していて、これまで残業といえばトラブル対応で1、2回したぐらい。休日出勤も一度もありません。休日は、趣味のサッカー観戦で全国いろんなところに出かけています。働く時はものすごく働くんですけど(笑)。
中里さん中里
プライベートも充実しそうです。最後は佐藤専務に、会社のビジョンをお聞きします!
専務取締役
佐藤有道さん

中里さん中里
オフィスを見渡すと、みなさんいきいきとした表情で働かれています。雰囲気作りで心掛けていることはありますか?
佐藤
意識しているのは「社員が生きがいをもって取り組める環境を整えること」です。そのために食事会を開いて親睦を深めたり、女性が産休・育休から100%職場復帰できるよう福利厚生を充実させたりしています。
中里さん中里
どんな学生を待っていますか?
佐藤
弊社の決済代行サービス加盟店は、県内外合わせて5500社。サービスを通してエンドユーザーや店舗の方、一人ひとりの生活を支えていることになります。だからこそ責任を持って真面目に、そして長く働いていただける方が良いですね。「縁の下の力持ちになりたい方」は大歓迎です。

中里さん中里
なるほど!では今後のビジョンを教えてください。
佐藤
ネット決済代行サービス業界は右肩上がりで、今後まだまだ成長していきます。これからも決済業務に関するあらゆる困りごとを解決できる、新たなサービスの開発に挑戦し続けていきます。
中里さん中里
期待しています!ありがとうございました。

編集後記

社内の中にも掲げてある社是の中に素敵な言葉がありました。「二度と巡り合わない今日という日を思いっきり楽しむ!」その言葉の裏には、社長や専務が社員を想う気持ちがあり、社員がいきいきと働けるから、良いサービスが生まれる、という好循環が成り立っていました。
EC業界はまだまだ伸びる業界です。そして、この会社には技術者として思い切り成長できる環境が整っています。世の中の人々の生活を支えたい、新しいサービスを自分の手で生み出したい、仕事もプライベートも充実させたい、そんな学生さん・・・お待ちしています。

「そのお買い物にも、笑顔を。」日々のお支払をより便利に、より安全に。ルミーズは長野県で唯一のフィンテック企業です。

勤務地
東信
業種
情報・コンサルティング