中里さん中里
中央アルプスと南アルプスに囲まれた自然豊かなロケーションにある、ロジテックINAソリューションズ。ハードディスクドライブやブルーレイ、法人向けカスタムPCなどの開発・製造、そしてデータ復旧サービス、保守・修理サービスなどを手掛ける企業です。まずは入社1年目の宮下さんにインタビューしました。
調達チーム
宮下夏綺さん
入社1年目

中里さん中里
「調達チーム」ではどんな仕事をしていますか?
宮下
他部署から製造に必要な部材の購入依頼を受けて、ベンダーと呼ばれる取引先に発注して手配しています。私は主に台湾、中国など海外のベンダーを担当していて、注文書を送るところから納期確認、輸送用の船や飛行機の手配も行います。
中里さん中里
ということはやりとりは英語ですか?
宮下
はい、基本的に英文のメールです。でも私、もともと英語が得意だったわけではなくて。
中里さん中里
そうなんですか?!
宮下
なので配属が決まった時は「大丈夫かな」と思ったんですが・・・・・・(笑)、先輩に色々と教えてもらって、少しずつ慣れてきました。文章の基本パターンもある程度はありますし、まわりに相談できる先輩や同僚がいるのも心強いです。

中里さん中里
会社を志望したきっかけは?
宮下
出身が駒ケ根市で、大学は県外に進んだのですが就職活動では「地元に帰りたい!」と強く思っていて。大学で専攻した内容にこだわらず、エリア重視で県内さまざまな業種の企業を検討しました。当社を知ったのは、長野県の合同企業説明会です。自宅から近いこと、それから福利厚生がしっかりしていることも安心でした。
中里さん中里
年間休日数などですね。
宮下
仕事は長く続けていくものだから、やりがいはもちろん、休日がしっかり確保されているかなど「働きやすい環境か」も重視して就職活動しました。その点、当社は休みをきちんととれるのでメリハリをつけて仕事ができます。残業も基本的にありませんね。

中里さん中里
オフィスも和気あいあいとした雰囲気ですね。
宮下
はい!部署は女性の先輩が多いので話しやすいですし、同じフロアに取締役が机を並べていたりと風通しのいい雰囲気です。飲み会も盛り上がりますよ。
中里さん中里
職場環境も長く働く上で大切ですね。続いてPC開発課の宮田さんにお話を伺います。
PC開発課
宮田智生さん
入社2年目

中里さん中里
仕事内容を教えてください。
宮田
企業や省庁など法人クライアントの依頼に合わせて、独自のカスタムPCを開発しています。身近なところでは飲食店のテーブルにある注文用タッチパネルや、電子広告のモニター画面をコントロールするPCなどの開発を担当してきました。
中里さん中里
入社2年目で、すでに製品を担当されているんですね!
宮田
だいたい1製品を1〜2名で担当します。正直、まだ新人の自分が任されていいのかと思うこともありますが(笑)、やりがいは大きいです。

中里さん中里
思い出に残っている仕事は?
宮田
通常、PCが正常に動く環境は気温0℃ぐらいまでなのですが、以前「マイナス10℃まで下がる冷蔵倉庫でも使えるPCを開発してほしい」という依頼があったんです。社内でも初めての試みで、もちろん苦労は多かったですが、開発に携われたのはとても貴重な経験でした。

中里さん中里
宮田さんは飯田市出身で、進学先は信州大学。就職も県内で考えていたんですか?
宮田
はい。ずっと長野で暮らしてきましたし、自然な流れで県内の企業を検討しました。東京に遊びに行くこともありますが、やはり都会の喧騒は苦手で・・・・・・。父の影響で子どものころからコンピューターに興味があって、高校も大学もコンピューター関係の学科へ進んだんです。仕事でもそれを生かしたいと考えていたので、当社は「生まれ育った長野でやりたい仕事ができる」という、理想的な環境でした

中里さん中里
入社試験を受けた時の印象はどうでしたか?
宮田
面接で社員の方と話した時に「波長が合うな」と感じたんです。言ってしまえば「なんとなく」なんですが(笑)。入社してからも、全体的におおらかな雰囲気の会社なので、僕には合っていると感じています。あまりピシッとした感じは苦手なので・・・・・・(笑)。
中里さん中里
確かに、入社試験の時に感じる雰囲気は大切なポイントですね。最後に、商品開発チーム所属の山田さんのお話をお聞きしました。入社2年目、宮田さんと同期です!
商品開発チーム
山田丈(たけし)さん
入社2年目

中里さん中里
山田さんは、一般ユーザー向けの外付けハードディスクドライブの開発を担当しているんですね。
山田
はい。チームで開発から販売まで行うんですが、僕はその中でも主にマーケティング分野を担当しています。例えば製品のパッケージに何を書けば売れるか、オンラインショップで販売する時にどういう文章を添えれば特徴が分かりやすいかなど、製品の売り出し方を考える仕事です。
中里さん中里
コピーライターみたいですね!
山田
そうですね。一般の方からすると、外付けハードディスクドライブの違いって容量や価格ぐらいしか認知されていないと思うのですが、実は商品ごとさまざまな特徴があるので、それをどう打ち出すかが課題です。基本的に1製品のマーケティングを一人で担当するので責任は重いですが、頼れる先輩にも恵まれているので、壁にぶつかった時は相談しています。

中里さん中里
もともとパソコンやスマホが好きだったんですか?
山田
そうなんです。高専でプログラミングを学んで、就職先もそういった業界がいいなと。当社を志望したのは、ロジテックというブランドになじみがあったのが大きいですね。量販店でも製品をよく見かけるし、実際に自分で使ったこともあったので。仕事柄、いろいろなコンピューターや試作段階の製品に触れられるので、趣味とも重なって楽しいです(笑)。

中里さん中里
山田さんは群馬県出身だそうですが、長野は住みやすいですか?
山田
はい。僕はカメラが趣味なんですが、風景がきれいな長野は写真好きには断然いい環境ですね!上高地に出かけたり、この前は乗鞍岳に登って撮影してきました。車も好きだから、道中のドライブも楽しいし。東京や名古屋といった都市での就職も考えたことはありますが、自分の車でドライブを楽しめるのは地方ならではの楽しさです。
中里さん中里
プライベートも充実ですね。ありがとうございました!