中里さん中里
松本を拠点に、総合建設業として公共建築物や商業施設、道路、住宅などの新築・改修を手掛ける株式会社アスピアにやってきました。まずは女性現場監督として奮闘中の関澤さんにインタビューです!
建築技術部 リフォーム課
関澤里穂さん
入社2年目

中里さん中里
仕事内容を教えてください。
関澤
オフィスビルやマンションの改修・修繕工事の提案から施工管理まで担当しています。現地調査をしてお客様の要望をヒアリングし、図面と見積りを作成して、プランが決定したら職人さんに依頼し施工に入る・・・・・・というのが基本の流れです。店舗などは内装デザインを考えることもあります。

中里さん中里
工業高校の建築科を卒業された関澤さん。アスピアを志望した理由は?
関澤
高校の先生に「現場で女性が活躍している会社だよ」と勧められたんです。会社見学で常務や人事の方が本当に温かく対応してくださり、「ここに入りたい」と心が決まりました。昔の建設業界は「教わらなくても先輩の背中を見て覚える」のが当たり前だったそうですが、私の課は困ったことがあると先輩方が丁寧に教えてくれて、家族のような雰囲気です。
中里さん中里
女性の現場監督が活躍しているそうですね。
関澤
1つ年上の女性の先輩はなんでも相談できて、私の目標となる存在です。後輩もできて、資格取得など一緒に頑張れる仲間がいるのは心強いですね。

中里さん中里
やりがいを感じる時は?
関澤
リフォームは建物を解体して初めて分かることもあるので、予定通りいかないこともあります。そうした苦労を乗り越えてお客様に評価していただけると嬉しいし、やる気につながりますね。
中里さん中里
目標は?
関澤
自分でプランを考えるのは楽しいのですが、どんな空間が使いやすいかまだ分からない部分もあり、経験の少なさに悔しさを感じることもあります。現場を多く経験し、住宅課の見学会やショールームにも足を運んで勉強していきたいです。
中里さん中里
ありがとうございました!続いて、住宅の営業企画担当の瀧本さんです。
アスピアの家 営業企画課
瀧本由香さん
入社6年目

中里さん中里
入社以来、さまざま部署を経験されてきたそうですね。
瀧本
太陽光発電、エクステリア、リフォーム担当などを経て、今はオリジナル住宅「アスピアの家」の新築とリフォームを手がけています。エクステリアや太陽光発電も含めてご提案することもあるので、これまでの経験が生きていますね。
中里さん中里
具体的な仕事内容は?
瀧本
お問い合わせのあったお客様をお訪ねし、条件や希望を伺って図面を作成します。私は大学で建築を学んできましたし、当社は営業担当が直接お客様とお話しながら基本の設計を行うシステムで、完成までお客様と打ち合わせを重ねて二人三脚で進んでいきます。

中里さん中里
印象的だった仕事は?
瀧本
2年ほど前、営業から施工まで初めて一通り担当した別荘の案件です。密にコミュニケーションしながら進めるうち、「こうしたらいいね」という意見がお客様と一致するようになったのが嬉しくて。「こんな家づくりが理想だな」と初めて感じました。お客様から今でも連絡をいただきます。

中里さん中里
仕事で心掛けていることは?
瀧本
私、思ったことが顔に出やすいんです(笑)。でもお客様の前で不安な表情をしてはいけないから、分からないことがあっても顔に出さないようにして会社に持ち帰るようにしています。部署にはたくさんのプロフェッショナルがいるので、相談できる安心感があるんですよ。
中里さん中里
ありがとうございました!続いて、設計部の古田さんです。
営業設計部
古田竜也さん
入社5年目

中里さん中里
入社の理由を教えてください。
古田
僕は木曽出身で、親が大工だったんです。現場に遊びに行ったりしているうちに「建築がやりたい」と思い、建築学部に進みました。就活は県内で設計職を希望したんですが当時は募集が少なく、諦めかけていて。アスピアの施工管理職に応募し、面接で「設計もやりたい」と話したら設計部への配属が決まったんです。
中里さん中里
今はどんな仕事を?
古田
オフィスビルなど企業が発注する建物を担当しています。クライアントの希望や条件を汲んで使いやすいプランを設計する、コンサルティング要素もある仕事ですね。1つのプロジェクトを一人で担当し、同時に複数のプロジェクトを進めています。今手掛けているプロジェクトでは特別に現場に駐在しているのですが、現場を実際に見ることで勉強になります。

中里さん中里
仕事で気を付けていることは?
古田
打ち合わせ相手は、クライアントの社長である場合が多いんです。明確な考えを持った方ばかりですし、年齢がかなり上の方も多いのですが、設計のプロフェッショナルとして対等な立場で話さなくてはならない。相手にとって何がベストか考え抜き、資料で分かりやすく説明するようにしています。場合によっては、希望されても「それはやらない方がいい」と止めることもありますね。

中里さん中里
仕事の舞台裏エピソードを教えてください。
古田
体力仕事が多いせいか、社員食堂にカップ麺だけ7種類そろった専用自動販売機があるんです。営業設計部はパソコンに向かう時間が長いので、お菓子とコーヒーが必需品ですね。
中里さん中里
なるほど!ありがとうございました!最後は忠地常務にお話を伺います。
常務取締役
忠地祐一さん

中里さん中里
求める人材像を教えてください。
忠地
あくまでお客様あっての仕事であり、チームで進める中で職人さんに指示や交渉することも必要ですから、きちんとコミュニケーションがとれることは重要です。明るさ、前向きさも大切ですね。
中里さん中里
職場は風通し良く、分からないことがあればすぐに手を差し伸べてくれる環境があるそうですね。
忠地
昔は「若いうちは教わるのではなく、見て経験して覚えるもの」という業界の慣習がありましたが今は社会も環境も違いますので、きちんと教育することを重視しています。
中里さん中里
資格取得のバックアップ制度も整っています。
忠地
建築業界では、過去にさまざまな事件がありました。我々は国に許可をもらって仕事をしていますので、経験や知識だけでなく、明確な資格に裏付けられた責任ある仕事を社会的に要求されています。資格を取得することでレベルの高い仕事ができる面もありますので、入社後早いうちに資格を取得することを推奨しています。
中里さん中里
具体的にどのような制度がありますか?
忠地
建築士や施工管理技士、インテリアコーディネーターなどの資格取得時に申請すると、資格取得に関わる費用は全額負担します。
中里さん中里
励みになりますね。今日はありがとうございました!