中里さん中里
今日お邪魔するのは、県内最多店舗を誇る大手コンビニ向けの配送便数で半数以上のシェアをもつ株式会社アルプスウェイの松本本社です。敷地にはコンビニで見慣れた大きなトラックがズラリ!まずは入社1年目の鈴木さんにお話を伺いましょう。
松本センタードライバー
鈴木徳志さん
入社1年目

中里さん中里
鈴木さんはドライバーとして日々、商品を届ける仕事をしているんですね。
鈴木
はい。当社が扱うのはお弁当やパン、乳製品や総菜など毎日配達する「デイリー商品」です。配送は1日4回。会社全体では長野県全域と愛知、山梨の合計749店舗に配送しています。松本センターでは主に中南信の店舗を担当しています。
中里さん中里
1日4回も!仕事の流れを教えてください。
鈴木
ドライバーは交代制で、私の場合は昼12時に出勤することが多いです。車両点検と荷物の積み込みをして6、7店舗の配送に回り、夕方会社に戻って90分の休憩。仮眠をとったり先輩と話したり、のんびり過ごします。夜7時ごろに2回目の配送に出て10店舗ほど回り、帰社するのは24時ぐらい。片付けと洗車をして帰宅します。

中里さん中里
仕事のやりがいは。
鈴木
配送先のコンビニのスタッフさんに顔を覚えていただいて、ねぎらいの言葉をいただいた時は嬉しいですね。それに毎日、違う景色を見て運転できるのは楽しいです。基本ルートはあるのですが、渋滞や通行止めがあったら無線で会社に指示を仰ぎ、臨機応変に対応します。
中里さん中里
困ったことがあれば無線で会社に相談できるんですね。
鈴木
一度、運転しながら迷子になったことがあるんですが(笑)、無線で報告したら「慌てなくていいよ」とルートを教えてくれて安心しました。当社の理念は「安全は信頼を創る」。トラブルで遅れてしまっても、店舗に連絡して調整してもらえるので運転に集中できます。

中里さん中里
それは心強いですね。続いては鈴木さんの入社時の指導役だった泉さんです。

 

松本センタードライバー
泉 孝治さん
入社8年目

中里さん中里
入社後は先輩がついて2カ月、マンツーマンで丁寧に指導を行うそうですね。
私もそうでしたが、まず苦労するのが荷物の積み込み方なんです。1台のトラックで6~10店舗に回り、それぞれ届けるものが違うので、配送順に合わせて効率よく、かつ移動中に動いたり傷ついたりしないよう丁寧に積まなくてはいけません。もちろん商品の内容も量も毎日変わりますから、頭の中でパズルのように組み立てて。その方法を新人のうちにじっくり指導します。徐々にできるようになるのを見ると、私も嬉しいですね。
中里さん中里
決まった時間で何店舗も回るのは慌ただしいのでは?
慣れるまでは焦ることもありますが、積み下ろしではとにかく動きを止めないことが大切です。でも運転中は常に落ち着いて、慌てない。これは会社の方針としてしっかり指導されます。プライベートで運転する時も、止まるときはしっかり止まる、他の車の動きも注意して見るようになりましたね。

中里さん中里
日によっては、社内でドライバーの運行管理を行うこともあるそうですね。
ドライバーの出発前の睡眠・アルコールチェックや庫内の温度チェック、運行中は常に道路状況を確認して渋滞やトラブルがあれば無線で指示を出し、店舗に連絡するなどフォローを行います。常に変化に気をつけなくてはなりませんが、全体の流れを俯瞰できるのでやりがいがあります。

中里さん中里
頼もしいですね。続いては荷役責任者の津田さんです。
松本センター
事務・荷役責任者
津田 毅さん
入社26年目

中里さん中里
荷役責任者とはどんな仕事ですか?
津田
コンビニ本部からの配送データを集計し、どの便でどの店に何を届けるかのデータを作って荷物の仕分けを指示します。仕分けは1日4回、社内の冷蔵倉庫でスタッフと一緒に行います。

中里さん中里
仕分けも膨大な量ですから大変そうです。
津田
店舗が発注したものが間違いなく届くことが当たり前。ミスがないようスタッフともミーティングを重ねますが、欠品の連絡がないとやはりホッとします。
中里さん中里
どんな時に喜びを感じますか?
津田
クリスマスや夏休みなどのイベントやキャンペーン時は荷物が多く、どうしてもバタバタします。全員で力を合わせてミスなく乗り切れた時は、やり遂げた充実感がありますね。

中里さん中里
スタッフのシフト管理もされているそうですね。
津田
スタッフが働きやすい環境を整えて、職場にくるのが楽しみになるように心がけています。世の中が休みの時こそ忙しい仕事ですが、正月3が日の1日は休めるようにしたり、小さな子どもがいる人は土日を家で過ごせるようにしたり、工夫しています。
中里さん中里
頼もしいですね。最後に、人事担当の田村さんにお話を伺います。
経営企画部 部長
業務設計・人材開発担当
田村裕章さん

中里さん中里
アルプスウェイでは、働きやすい環境づくりに力を入れているそうですね。
田村
運送業界というときついイメージを持たれがちですが、当社は残業時間を毎月平均58時間に収めています。これは合法的な数字で業界ではかなり少ない水準。他業種の標準に近づけることで、働きやすい環境を目指しています。
中里さん中里
大手コンビニの仕事に特化して採算性を高めることで、そうした環境が実現したのですね。
田村
その分、お客様であるコンビニの名に恥じないよう、スタッフには運転以外の礼儀や服装もきっちり指導しています。入社後じっくり2カ月かけたマンツーマンでOJTを行ったり、安全を最優先にするなど、当たり前のようですが運送業界では実現が難しいことに真面目に取り組んできました。
中里さん中里
その取り組みのおかげで、運送業界でも数少ない「Gマーク」を取得されたそうですね。
田村
はい。これからも、「安全は信頼を創る」を理念に、地域の皆さんの「便利」と「当たり前」を支えていきます。
中里さん中里
日々の暮らしの「当たり前」は、こうした仕事の上に成り立っているのですね。ありがとうございました!