中里さん中里
今日伺ったのは、長野市の「テクノホーム長野株式会社」。パナソニックと連携した「テクノストラクチャー工法の家」で成長を続ける住宅会社です。最初に会社創立時からのメンバーである小林さんにお話をお聞きします。
常務 執行役員
小林仁一さん
入社11年目

中里さん中里
小林さんの仕事内容を教えてください。
小林さん小林
お客様への当社の家づくりのご説明、ご希望のヒアリングといった営業の仕事にとどまらず、設計図作成、床材や壁紙選びといったコーディネート、着工後の現場管理、完成後のメンテナンスまで。いわば「家づくり全部のお手伝い」ですね。
中里さん中里
図面作成も行うのですね!
小林さん小林
以前務めていた建設会社では技術職を担当していたので、職人しか分からないような細かな疑問にもお答えできます。最初に敷地を見た段階で完成イメージや予算をお伝えできますし、施工中も私が一貫して担当するのでお客様にも安心していただけますね

中里さん中里
新入社員がそこまでの知識を身につけるのは大変ではないでしょうか?
小林さん小林
もちろん、きちんと教育しますので安心ですよ。社長との距離も近く、分からないことは気軽に相談できます。それに、当社が扱う「テクノストラクチャー工法」は高品質で施工実績も豊富なので、自信を持ってご提案できるんです。こうしたノウハウがあるからこそ少数精鋭体制が可能ですし、そのぶん給与も高いのでやりがいがあります。

中里さん中里
知識を身に付ければ、一人ひとり裁量を持って働けるそうですね。
小林さん小林
こんなに自由に働ける会社は他にない」と思いますね。自分で考えて提案できますし営業ノルマもありません。スケジュールはある程度お客様のご都合に合わせますが、仕事に支障がない範囲で代休もしっかり取れますよ。

中里さん中里
ありがとうございました!続いては申請や検査に関わる業務を担当する竹原さんにお話を伺います。
取締役 社長室長 雇用管理責任者
竹原大輔さん
入社11年目

中里さん中里
役所への建築申請や性能検査の資料作成、完成後の引き渡し業務などを担当しているそうですが、専門知識はもともとお持ちだったのでしょうか?
竹原さん竹原
いいえ、入社後に独学で身につけました。最初は社長を始め周囲にサポートしてもらいましたが、経験を重ねることで効率的に進められるようになりました。

中里さん中里
仕事のやりがいを教えてください。
竹原さん竹原
お客様にとって、住まいは人生で一番高い買い物の一つです。可能な限り希望を叶えるためには、法律や条例をクリアすることが大前提。中には複雑な申請業務もありますが、きちんと準備して無事に申請が下りた時は嬉しいですね。時間がかかる場合もありますが、着工や引き渡しにはきちんと間に合わせることを常に心がけています。

中里さん中里
少数精鋭だからこそ責任が大きい一方、やりがいがありそうです。
竹原さん竹原
一人ひとりの意見が通りやすく、相談しやすいのも良いところだと実感しています。
中里さん中里
働く環境はどうですか?
竹原さん竹原
自分でペースを決められるので、やるべき仕事さえ終えれば残業はほぼありません。休日も、定休日である毎週水曜+週1日、自分で決めて休めます。

中里さん中里
メリハリをつけるからこそ質の高い仕事ができるんですね。それでは最後に竹原社長にお話を伺いましょう。
代表取締役社長
竹原健一さん


(画像:提供写真(takehara)

中里さん中里
従業員7名と少数精鋭ながら年間着工数30棟、売上11億円に達するとはすごいですね。
竹原社長竹原
当社は創業以来、「顧客第一主義」を貫いています。お客様が望むことは技術面から資金面まで徹底的にご相談に乗り、ベストなご提案をする。それを当たり前に続けてきたからこそお客様が新たなお客様をご紹介くださり、切れ目なくご依頼をいただいています。
中里さん中里
営業活動も必要以上に行わないと聞きました。
竹原社長竹原
最初に時間をかけてじっくり当社の家づくりを分かっていただき、不安を解消するにようしています。そうすると、後から電話したり訪問したりといった営業を行わなくても契約につながることが多いですね。
中里さん中里
働き方も「無駄をなくす」ことを大切にしていますね。
竹原社長竹原
「残業は悪」と考え、18時ごろには全員退社しています。徹底的に業務の効率化を図り、例えばお客様との打ち合わせも、可能な範囲でLINEを活用しているんです。経理や総務業務は私自身が行い、給与も年棒制にして処理を簡素化しています。そうして経費を節約することで、社員の給与に還元しています。

中里さん中里
少数精鋭というと、ついていけるか不安も感じます・・・・。
竹原社長竹原
大丈夫です。大切なのは「知識を吸収したい、経験を積みたい」という意欲。時間がかかっても意欲ある人には何度でも教えますし、迷ったら相談に乗ります。住宅業界は今後着工数が減ることが予想されますが、そこで生き残っていくためにも人材育成を大切に考えています。
中里さん中里
社会貢献にも力を入れていらっしゃいますね。
竹原社長竹原
子どもの居場所を作る県の事業「信州こどもカフェ」や信州新町の花火大会への協賛、冬は社屋をイルミネーションで彩るなど、地域を元気にする活動にも力を入れています。
中里さん中里
まさに地元に密着した活動ですね。ありがとうございました!