中里さん中里
賃貸仲介からマンション・住宅の販売、古くなった建物を再生するリフォームまで多岐にわたる住宅事業を展開するレントライフ。県内と横浜に計6店舗を構えていますが、今日は長野店にお邪魔しました。まずは入社4年目の小野澤由希さんにインタビューです。
小野澤 由希さん
入社4年目

中里さん中里
どんな仕事をされていますか?
小野澤
来店されたお客様への賃貸物件のご紹介、契約書などの書類作成、それから賃貸情報サイトに物件情報を掲載する業務も担当しています。当社の仲介物件は県内だけで900軒近くあり、その中からご希望エリアや予算などが合うものをおすすめしています。
中里さん中里
それだけ物件があると大変ですね!
小野澤
最初のころは大変でしたが(笑)、経験を重ねるうち「どのエリアにどんな物件があるか、今空いているか」をだいたい把握できるようになりました。入社当初は、どんな物件か知るために人気エリアの物件に直接足を運び、一日かけて見て回ったこともありますよ。

中里さん中里
物件を見に行くときも案内するのですか?
小野澤
以前は案内も担当していましたが、働き方改革の一環で、店舗で接客するスタッフと現地を案内するスタッフを分ける「チーム接客」を昨年から取り入れています。もちろんお客様に安心していただけるよう、情報はチームでしっかり共有しています。以前は案内後に帰社して事務作業などをするためどうしても残業が発生しがちだったのですが、分担することで効率がぐっと上がり、残業もかなり減りましたね。

中里さん中里
仕事のやりがいは?
小野澤
昨年、台風19号の被災者の方が「すぐに家を探したい」と来店されたんです。本当にお困りだったので上司と相談して特別に手続きを早め、3日ほどで入居してもらえるようにしたところ「本当にありがとうございました」と言っていただいて。力になれたことが嬉しかったですね。
中里さん中里
素晴らしい対応です!
小野澤
また当社は仲介だけでなく物件の管理業務も行っていて、家賃の集送金やメンテナンスで入居者の方とやり取りする機会もあるんです。そんな時に「快適に暮らしています」と言っていただけると、やりがいを感じます。
中里さん中里
ありがとうございました。続いては主任の丸山さんにインタビューです。
主任
丸山 翔平さん
入社6年目

中里さん中里
丸山さんは別業界から転職されたそうですね。
丸山
以前は販売の仕事をしていたのですが、お客様に接する点は同じなので経験を生かせると思い志望しました。当社を知ったのは、私自身の部屋探しがきっかけ。さまざまな事業を展開していて「幅広く経験を積めそう」と魅力を感じました。
中里さん中里
仕事内容を教えてください。
丸山
伊那店での接客業務からスタートし、リフォーム工事の施工管理を経て5年前に長野店に異動しました。現在は物件オーナー様に扱わせてもらえるよう交渉する仕入れ業務を中心に、賃貸物件をお探しのお客様の現場へのご案内、リフォーム事業の営業も担当しています。

中里さん中里
異業種への転身で、苦労はありましたか?
丸山
物件オーナー様とのやりとりでは、不動産や建築の専門的な知識を求められることもあるんです。社内研修で学んだほか、自分でも勉強したり上司に質問したりして知識を増やすようにしました。
中里さん中里
これからの目標を教えてください!
丸山
今目指しているのは、宅地建物取引士(宅建)の資格取得です。取得すると契約前の重要事項や契約に関する説明、サポートなど重要な業務を任されるんです。また、ゆくゆくは営業担当をまとめる立場を目指したいですね。自分もプレイヤーとしてやってきたので、丸投げするのではなく、一緒に考えるリーダーになっていきたいです。

中里さん中里
頑張ってください!続いては入社1年目の上條さんです。
管理課
上條 志帆さん
入社1年目

中里さん中里
上條さんは経理を担当されているんですね。
上條
はい。当社には家賃や敷金礼金の入金、工事業者への支払いなど、日々さまざまなお金の出入りがあります。それをチェックし、不明点の確認や未入金の連絡をするのが私たちの仕事です。
中里さん中里
お金を扱うのは緊張しそうです。
上條
確かに小さなミスもトラブルにつながりかねないので、2回チェックするなど細心の注意を払っています。覚えることが多く大変ですが、全店舗の経理を担当しているので、数字を通してさまざまな業務の様子がわかるのはおもしろいですね。

中里さん中里
入社を決めた理由は?
上條
不動産といえばお部屋紹介というイメージだったのですが、「こんなに幅広い事業を手がけている会社があるのか」と興味を持って。大学で情報学を専攻していたので、マーケティングに力を入れている部分にも惹かれましたね。
中里さん中里
会社の雰囲気はどうですか?
上條
入社前はまじめな雰囲気なのかと思っていたんですが、いい意味で皆さんフレンドリーで楽しいですね。社員旅行では全店舗の社員が集まって宮古島へ行き、各支店の方とも仲良くなれました。上司も先輩も優しく丁寧に教えてくれる方ばかりで、心強いです。これから簿記と宅建の勉強をして、もっと数字への理解を深めたいですね。

中里さん中里
応援しています!最後は採用担当の富岡さんです。
採用担当
富岡 健司さん

中里さん中里
入社後、接客や不動産の知識はどのように身に付けるのでしょうか?
富岡
新入社員研修でビジネスマナーや接客の基本、間取りや設備の基礎知識、契約にかかわる法律知識などを身につけてもらっています。その後、店頭で賃貸物件の紹介業務から仕事をスタートする場合が多いですね。先輩のサポートから始まり、慣れてからも1組のお客様をスタッフ2人で担当する「チーム接客」が基本なので安心です。
中里さん中里
宅建士の資格取得を会社でバックアップしているそうですね。
富岡
不動産に関するアドバイスや契約のお手伝いをするプロフェッショナルとして、重要な資格です。資格者は名刺に記載し、毎月手当てを支給していますね。試験勉強は基本的に独学ですが、会社でテキスト配布などサポートを行っています。
中里さん中里
レントライフさんはマンスリーマンション事業や家具家電レンタルなど、どんどん事業を拡大していますね。
富岡
当社のテーマは「いろいろなことに挑戦する」。好奇心を持ってさまざまな分野に挑戦したい人は、ぜひ仲間に加わってほしいですね。そして周囲と協力し合える人、お客様に明るく元気に接することができる人。でも、全部オールマイティーにできなくていいと思っているんです。適材適所で、それぞれの得意なところを伸ばしてほしい。当社で、自分なりの専門分野を見つけてほしいですね。
中里さん中里
事業が幅広いからこそ、自分が輝ける場所を見つけられそうです。ありがとうございました!