現在、文部科学省学校基本調査によると、長野県の高校卒業生のうち、大学進学希望者の約86%が県外大学に進学し、Uターン就職率は約40%台にとどまっています・・・・この数字を聞いてあなたはどう思いますか?

私はまず「え、私40%の中に入っている。なんか貴重だな」とどうでも良いことを考え、その後に、その理由としてやりたい仕事が地元にないからと答える人が結構いるんじゃないかなと考えました。

でもそれってホントでしょうか?確かに最先端の情報や仕事、技術では東京にかなわないかもしれません。でも地元にもやりたい仕事はきっとあるし、やりがいだって負けてません。さらにこっちには環境という武器があります。雄大な自然と、おいしいお水、あたたかい人間関係に、おいしい野菜・・・これを知らずに選択してしまうのはもったいないです。

東京を選ぶのが間違いではありません。ただ、こっちの選択肢も見て、考えて、悩んで検討してみたら?と私は言いたいのです。

%e7%a8%b2%e4%bd%9c