こんにちは、長野県就活ナビ事務局の中里です。
今回はエントリーシートの書き方のコツというお題で書いていきたいと思います。

就活をする上で、まず欠かせないステップがエントリーシートの提出。企業に対してまず最初に自分をアピールする場となります。ポイントを押さえてここでつまずくことのないようにしたいですね。

1.伝えたいポイントがを絞っておく

”1つの質問に対して、多くの回答や意見を盛り込み過ぎない”

学生時代、サークルにゼミ、アルバイト、ボランティアなど、いろいろな活動を通して、学ぶことがたくさんあったとしても、あれもこれもアピールしたい!では、伝えたいことがぼやけてしまい、あなたの魅力が伝わりにくくなりますまずエピソードの中から、“その活動によって自分が成長できたこと”“その経験から今の自分に生きている事”などが説明できるエピソードを、質問に合わせて選びましょう。

学生の中には目立つようなことは何もしていないから書くことがない、という学生さんもいますが、エピソードは、派手な事や大きなことだけでなくても問題ありません。大事なのは、それにどう向き合い、あなたがどう感じたかです。

2.エピソードは具体的に書く

読む人は何もしらない人、ということを忘れずにエピソードの体験はより具体的に書いてください。

『いつ、どこで、誰が(誰に)、何を、なぜ、どのように』したのかという軸で整理してみましょう。
結果も大事ですが、そこまでにいたる経緯、気付きなどがより企業の人には伝わります。

3. その会社にしか伝わらない履歴書を作る

学生の中には、しっかり企業分析ができていないまま、エントリーシートを書いてしまい、志望動機が薄くどこの会社でも通用しそうな文章になってしまっていることも。志望動機を書くコツは、まずその会社の特徴、強み、今後の展望を掴むことです。そうすることで、自分はそことどう関わっていきたいのか、自分の力をどう生かしていきたいのか、などより具体的に動機を盛り込むことができます。企業も「しっかり当社の事を理解したうえで、書いてくれている」と評価してくれるはず。「ものづくりに携わりたい」などどこの企業にも通用する内容では心に残りません。

4. 簡潔に、わかりやすく書く

1つの文章がだらだら長いと、書かれている内容がわかりにくくなります。

「読み手のことを考え、一文一文を短くして簡潔に伝えるように心掛けましょう。自己の強みや経験値などは共通項であるため、一つフォーマットを作ってしまえば、次も使えますので、ベースを作っておくと良いでしょう。その他、その企業ならではの問いや、志望動機についてはしっかり上記ポイントを押さえつつ書いていけば、その企業だけのエントリーシートができあがります。

最後に…

企業側はエントリーシートを「まず、あなたがどんな人なのか知りたい」という目線で見ています。ですから、話を大きくしたり、ただ、やってきたことの記録だけではなく、できるだけあなたの性格や大切にしていることなどがわかるよう読み手の気持ちを意識して書いていくことがやはり一番大切ですね。

頑張り時ですが…一つずつ整理していきましょう!