武藤工業株式会社
LFP事業部 第一開発センター第一設計課
中西研人Nakanishi Kento

1991年生まれ。埼玉県出身。工学院大学工学部卒業。2014年武藤工業株式会社入社。一年間のOJT研修後、開発センター第一設計課で新製品開発、設計、評価などを担当。

わが社のここがポイント✐

★長い歴史を生かした高い技術力とノウハウ

★人間関係が良好で風通しの良い仕事環境

★海外への販売も展開するグローバルな仕事内容

どうして今の仕事を選んだのですか。

機械が好きで、大学も機械工学科に進学。自分で新製品の設計をしたいと思って就活を行いました。当社の面接は本社がある東京で受けましたが、開発・設計部門は下諏訪町にあります。私は、生産現場を見ながら仕事をしたいと思っていたので当社を選びました。

どんな仕事をしていますか。

Tシャツや布などにプリントするラージフォーマットプリンタ(LFP)の新たなプリント技術や構造の検証、評価を行っています。また新製品開発、3DCADを使った商品の設計や図面作成、性能や安全性の確認と実験など幅広くものづくりに携わっています。当社では情報画像関連機器の開発・製造・販売・保守メンテナンスを事業展開し、私は主にインクジェットプリントに特化した設計部門で、開発したプリンタが実際に使えるかどうか、改善点はあるか、印刷時に線状の層が出てしまうバンディングの原因を調べるなどのチェックをします。新しいものづくりは楽しい半面問題点も多く、期限のある中で精神的にも山谷の激しい大変さがあります。それを乗り越えた時は自信にもつながり、やりがいも一層大きく感じられます。

抱負を聞かせてください。

今は先輩方の下で新製品開発をしていますが、いずれ第一線でリーダーとして仕事がしたい。一製品を生み出すためメカの電気回路設計や製品評価担当者、ファームウェア設計、アプリケーションエンジニアなど、ハード・ソフト面の他職種と連携を深めて、自信をもって製品を世に出せる技術者を目指しています。

休日はどのように過ごしていますか。

諏訪は首都圏からも近く、気軽に埼玉の実家へ帰省できます。また、体を動かすことが好きで、会社のバスケットボールチームで週一回は練習。地域の野球やソフトボールの大会、マラソン大会にも参加しています。諏訪湖マラソンは3年連続完走しました。