株式会社日誠イーティーシー
コイル事業部
竹花賢二Takehana Kenji

1980年生まれ。上田市出身。日本大学工学部卒業。自動車関連企業などを経て、2015年株式会社日誠イーティーシー入社。自動車に搭載されるモーターコイルの塗装から巻線、作業機械のメンテナンスを担当。

わが社のここがポイント✐

★他の企業ではできなかった難しい仕事をメーカーと協力しながら製品化を実現

★これから売り出される製品の試作・開発から量産まで行い先端的な仕事に携われる

★学びやすい環境を会社がサポート。やる気次第でスキルアップが図れる

どうして今の仕事を選んだのですか。

大学卒業後、神奈川県の自動車関連メーカーや長野県内の機械金属加工メーカーで設計の仕事をした後、転職しました。当社はハローワークで知り、会社見学でモーター本体のコア部分にあたる車載コイルや、家電製品や住宅機器に使われているコイルを製造している点に興味がわきました。他社ではできないような難しい仕事に積極的にチャレンジしていること、また働く人の学ぼうとする意欲を会社全体でサポートしていることに共感しました。私は今、自動車に搭載されるモーターコイルの塗装や巻線、その作業機械の保守をしています。分からないことがあると上司や先輩がすぐに丁寧に指導してくれるので、とても働きやすく感じています。また社員同士が交流しやすいことも魅力ですね。

今後の抱負を教えてください。

まずは現在の仕事に習熟し、その上で社内の巻線の機械すべてに精通すること。またスキルアップを図るために、ISO9000についての理解を深め、講習会に参加して内部審査員の認定を受けたいと思っています。

信州で働く・暮らすことの魅力は何ですか。

仕事とプライベートのオン・オフがつけやすいところ。自然環境に恵まれているのでリフレッシュには最適です。休日には妻と散歩したり、ドライブに出かけたりして四季の変化を楽しんでいます。私は地元の消防団に入っているので、団活動がある時は結構忙しいですが、活動を通して少しでも地域に貢献できたらいいと思っています。