矢木コーポレーション株式会社
総務部
土屋夏希Tsuchiya Natsuki

1992年、長野市生まれ。文化学園大学現代文化学部卒業。2015年矢木コーポレーション株式会社入社。総務部にて書類作成やデータ管理、来客対応などを担当している。

わが社のここがポイント✐

★みんなの「安全な移動」を縁の下から支えています

★「交通網」を軸にした幅広い事業展開

★気さくで面倒見のよい社員がいっぱい!

現在どんな仕事をしていますか。

総務部に所属し、各部署から依頼される書類の作成や管理、来社や電話をいただいたお客さまへの対応などを担当しています。当社は交通安全施設用品の販売をメインに、道路標識や路面標示の設置、太陽光発電のご提案やイベントディスプレイの設置などを事業としていますので、さまざまな企業の担当者さまとのやりとりが発生します。さらに部署や支店ごとに書類を用意しなければならない場面も多いため、入社当初は覚えることが多くて不安もありました。しかし先輩方が気さくに話しかけてくれ、分からないことに対しても丁寧にアドバイスをくれました。おかげでできる業務も増え、任せてもらえる範囲が広くなりました。

なぜこの仕事を選んだのですか。

大学2年生の頃から、就職するのなら長野と決めていました。帰省の際に近所の人から「久しぶり。元気?」と声をかけていただき、地元のあたたかさを再確認したからです。さらに私は細かい処理をコツコツやることが得意なので、事務職を志望して就職活動を行いました。しかし業種を絞って就職活動をすると視野が狭くなってしまうため、さまざまな企業の説明会にも参加し、その中でも「交通安全」というすべての人に関わる仕事という点で当社に魅力を感じました。

就職活動で大切にしたことは。

まずは自分の好きなもの、得意なものをすべて書き出し、それを生かせる仕事を探してみました。私は“コツコツ”“丁寧”などがキーワードということが分かったので、それを就活の軸にしました。さらに学生生活を通して、さまざまな人に会うことも大切にしていましたね。特に自分とは正反対の考え方をする人との会話からは多くの刺激をもらいました。自分自身の幅が広がっていくことを感じられますし、人と話すことに積極的になれました。この経験は就職活動にも生かされた気がします。例えば企業説明会や面接も、「興味ある業界で働く社会人の方と話せるチャンス!」とワクワクした気持ちで臨めました。

創業以来、道路標識を始めとする「交通安全事業」を核とし、発展を続ける車社会と共に順調な業績を納めさせていただきました。
更にはハードからソフトへの移行の中、より多くの情報を求められる時代に対応するべく多くの分野の事業へも積極的に携わってまいりました。

勤務地
北信
業種
建設・住宅・不動産