エプソンアヴァシス株式会社
事業推進本部 事業推進1部
窪田信一Kubota Shinichi

1982年生まれ、宇都宮大学工学部卒業。2007年にエプソンアヴァシス株式会社入社。社内システムの保守・運用業務を経てWebサービスのシステム開発を担当している。

わが社のここがポイント✐

★エプソングループで国内唯一のソフトウェア開発会社

★ソフトウェアの力で、世界に驚きと感動をお届けする

★自由に意見を出し合えるフランクな雰囲気と社風

なぜ長野県での就職を決めたのですか。

元々地元志向が強かったのですが、就職活動を始めた当初はソフトウェアやプログラミングに関わる仕事がしたいと思い、長野の他にも、大学のある栃木や東京など、多くの地域で就職先を検討しました。東京には希望する職種の企業が多くありましたが、都会の慌ただしさは私には合わないと感じ、長野県を中心に就職活動を行うことにしたのです。そしてエプソングループの一員である当社の存在を知り、世界中で使われる製品づくりが地元でできることに魅力を感じ入社を志望しました。

仕事内容について教えてください。

現在はマラソンランナー向けのGPSウォッチや脈拍計測機能付き活動量計のクラウドサービスの開発を行っています。自分でつくったものが“動く”ことがこの仕事の醍醐味です。世の中に自分がつくったものが提供され、世界中で利用されることに喜びを感じます。今後も、貪欲に新しい知識や情報を取り入れながら、世の中に驚きを与えるような開発を手がけてみたいです。

社内の雰囲気を教えてください。

役職や年齢に関わらず、自由にやりたいことや意見を言い合えるフランクな雰囲気があります。社内にはワーキンググループがあり、週に1回集まって知識の共有や問題点の改善なども行っています。社内には入社してからプログラミングを学びはじめた人や、文系出身の社員もいるため、専門的に学んできた人とは違う視点が入ることによって、自分自身新鮮な視点でさまざまなチャレンジができます。あらゆる立場の人が「よりよいものを創りたい」という思いを共有しているので、こういった社風が生まれるのだと思います。多様な考えを持つ人と働くというのは、とても刺激的ですね。

ITで世界に驚きと感動を。

勤務地
東信
業種
情報・コンサルティング