わが社のここがポイント
  • 高沢グループ、小売、サービス業の中核部門
  • 6ブランドセイキディーラーは、県内輸入車販売シェア20%超
  • 国内最大級のオリックスFCとして、全48店舗を展開

信州で働く・暮らすことの魅力は何ですか。

生まれ育ったふるさとですから、愛着があります。そこで働くことで、両親にも、地域にも恩返しができると思うと、それだけでも働きがいがあります。

どうして今の仕事を選んだのですか。

バレーボールを続けてきた高校、大学時代は、勝利という目標に向かって練習を重ねる日々でした。その経験から、「自分の目標に向かって努力できる会社」に入りたいと思いました。当社の会社説明会では、「仕事を通じて成長が実感できる」と説明を受け、努力のしがいがある会社だと思いました。高沢グループが扱っている輸入車ブランドが魅力的なこともありますが、先輩社員が自分の会社を誉めていたことも決め手になりました。「仕事に誇りを持っていないと言えないはずだな」と感じたんです。

今はどんな仕事をしていますか。

グループ全体ではプジョー、シトロエン、ルノー、ジープ、アルファロメオ、BMWの6つの輸入車ブランドを扱っていますが、私は「ルノー信州長野」に配属され、主に店舗で接客や訪問営業等を行っています。来店されたお客さまに、ルノー車の魅力を伝え、購入後の維持費やメンテナンスの面など、輸入車に抱いている不安を取り除けるよう、丁寧に説明しています。時おり「すごいね」と言ってもらえると、それだけでうれしくなります。国産車に比べ知名度が高いわけではありませんから、店舗で行うイベントなどの際にお客さまにアピールするチラシを自分で作ったりもします。来客されるお客さまは、自分らしさを大切にされる方が多く、クルマにこだわりを持っていらっしゃるので、お話を聞くのも楽しいですね。

休日の過ごし方を教えてください。

スポーツが好きなので、体を動かすことが多いです。冬は毎週スノーボードを楽しんでいます。気軽にゲレンデに行けるところが信州の魅力ですね。夏はビーチバレーを始めました。活動する場所は駒ケ根市ですが、高速道を使えばそう遠いとは感じませんね。ドライブを楽しみながらの移動です。