わが社のここがポイント
  • 創業以来1世紀。青果卸売業で長野県の「食と農」を支える
  • 健全な財務体質と業界全国屈指の取扱高を誇る事業基盤
  • 早くから担当を任されるやりがいのある職場

信州で働く・暮らすことの魅力は何ですか。

大学卒業後は長野へ戻ろう、と最初から思っていました。長男ということもありますが、慣れ親しんだ長野が好きでしたから。長野市はある程度大きな規模の都市ですが、大自然も身近にある。調和のとれているところがいいですね。

どうして今の仕事を選んだのですか。

実家がリンゴ農家なので、農業に関わる仕事で地域に貢献したいという思いがありました。農業関係の仕事を探している中、合同説明会で市場が農産物の価格安定機能を担っていることを知り、流通から農業を支えることできると思いました。会社訪問時に見学した売り場の活気に感動して、当社に入りたいと思いました。

今はどんな仕事をしていますか。

当社は、全国の産地から出荷していただいた青果物を長野県の食卓に、そして長野県産の青果物を広く全国にお届けすることで、長野県の「食と農」を支えている会社です。その中で私は長野県産の果実を扱う部署に所属、サクランボ、モモ、ブドウやリンゴなど季節ごとに長野の旬を追いかけながら、近隣の生産者から出荷していただいた商品を県内はもちろん、県外のスーパー、仲卸などに日々売り込みをおこなっています。農産物ですから天候不順や自然災害などで出荷量が変動したり相場が崩れたりと一筋縄ではいかない難しさはありますが、だからこそ自分の見通しで販売ができ利益を生み出せた瞬間の達成感は最高です!

今後取り組みたい仕事は。

今は一つ一つの商売を大切にしながら経験を積み、出荷先、販売先双方のお客さまからあてにされる市場人になりたいですね。それと信州産の新ブランドを世に出すことに関わりたいとひそかに夢を描いています。生産者の要望に応え、消費者の嗜好を捉えた信州ブランドを育て全国へ届けたい!こんなことがいつかできたらと思うとワクワクします。私は料理を作るのも好きなので、日頃から旬の食材を使った料理で腕と舌を鍛えているんです。