わが社のここがポイント
  • 締めるところは締めつつも、笑い声が絶えない明るい職場
  • 「この人スゴイ!」って思える上司がいる!
  • 業界イチ、始業時間が早いから朝型人間になれる!/立地が良く飲み会に困らない!

信州にUターンしたきっかけは。

東京では毎日満員電車で通勤し、終電かタクシー帰り。土日は泥のように眠る生活で、仕事は充実していたものの、妻や子供との生活を犠牲にしている生活に疑問を持つようになり、Uターンを決めました。現在は「人間らしい生活」ができている充実感があります。周囲の山の美しさ、晴れた日のすがすがしさを感じながらの自転車通勤は本当に気持ちが良いし、ダイエットもできました。子どもと過ごす時間もかなり増えました。

どうして今の仕事を選んだのですか。

子どもの頃、「映画監督になりたい」と思っていたのが原点。自分で作ったものが誰かのためになる仕事がいい、という思いで広告業界を選び、この道一筋でやってきました。広告の媒体はテレビ、新聞、ウェブなどさまざまにあり、時にはイベント運営も行います。そんな業務の幅広さが広告代理店の魅力でしょうね。加えて当社は職場環境もいいし、経営基盤もしっかりしています。

現在どんなお仕事をしていますか。

お客さまに広告展開の提案・運用をする一方で、主に地元テレビ局の担当として媒体社の売り上げを伸ばす施策も考えています。お客さまと媒体社、両方の視点で仕事をする中で、企画の「選球眼」も養われる気がします。また当社が企画・運営すイベントに訪れた人やクライアントが喜ぶ姿を見るのはうれしいですね。当社ではまだ1年目。まずは目の前の仕事に一所懸命取り組みながら、小さいことでも社内の「一番」になりたい。いずれはライバル社からも一目置かれる存在になりたいです。