わが社のここがポイント
  • マツダ車の魅力がひきたつ新世代ショールーム
  • お客さまとの関わりを大切にする接客、とくに社員自身が企画するイベントやおもてなし
  • 新しい事にチャレンジし続ける社風

信州で働く魅力は。

生まれ育った故郷なので愛着がありますし、地に足をつけて仕事ができていると感じます。とくに県外で暮らした大学時代は、帰省するたびに信州の人間味や自然の豊かさ、澄んだ空気を感じていました。

いまの会社を選んだ理由は。

もともと人と接する仕事がしたいと思っていました。大学卒業後、一度は物品販売のショップ店員として働きましたが、お客さまが欲しいものを店舗で提供するだけではなく、直接お客さまのところへ出向いたり、もっと人と接する営業の仕事がしたいと思うように。当社を選んだのは、社の雰囲気が良く、社長と社員、また会社とお客さまとの関わり方の明るくアットホームな感じに大きな魅力を感じたからです。今もその印象は変わりませんし、少人数ならではの柔軟な対応も当社の強みだと思っています。

どんな仕事をしていますか。

営業として、現在は中古車部門の責任者を任されています。私や店とのおつきあいを重視していただいて、何世代にもわたって車をご購入いただいている、そういうお客さまがいることがありがたいです。
入社した当時は、営業を社長自ら一人で担当していたんです。そこに自分も営業として加わり、ある意味新人でも周囲に頼れる状況ではなかったおかげで、自分なりに考えながら掴んできた結果の現在があります。10年の営業業務の後、2年間サービスフロントに所属したことも糧になりました。営業と現場(整備)の橋渡し役を経験したことで、仕事の勝手が大きく異なる両者の立場が分かるようになった。それも今の自分にとって大きいことだったと感じています。

これからの夢は。

車両の購入だけでなくタイヤなどの部品、保険、車検などメンテナンスを含め、トータルで車は家の次に高額な買い物とも言われます。お客さまも家族構成が変わればまた違う視点からのご要望が出てきますし、長い目で見たお付き合いを大切にしています。
 通常、車の購入にあたっては営業担当がつくものですが、当社は少人数の良さを生かして、どのスタッフでもお客さまとお付き合いできる、お店とお客さまがつながる、そんな店づくりをしていきたい。そして将来的には店舗を増やし、長野県でマツダと言えば当社だと、名が挙がるようになりたいです。

休日はどう過ごされますか。

小学校から高校までずっとサッカーをしていたので、身体を動かすのが好きなんです。子どもたちを連れて公園に行ったり、梓川に釣りに行ったりと、信州の自然の中でリフレッシュしています。