わが社のここがポイント
  • 県外にも事業展開し、機械・工具商社では県内トップクラスの事業規模
  • 長期研修があり、基礎知識を事前に得られる研修制度が充実
  • 2年に1回開催される国興展では多くのお客さまへ最新製品を提案

長野県で就職した理由は。

信州の自然や気候風土が大好きなんです。夏は涼しく、身近なところにアクティビティが楽しめる高原がある。出身地の安曇野市にこだわらず、とにかく長野県内の企業で働きたいと思って就活しました。

いまの会社を選んだ理由は。

職種は営業職と決めて10社ぐらいを見て回りました。当社の説明会では先輩社員との座談会があり、営業に出るまでの流れを全部聞くことができました。実は大学の先輩から営業職の厳しさを聞いていたので、自分にできるかと不安に思っているところもあったのですが、当社では十分な研修を受けて商品知識を身につけてから営業に出ることを知って、不安な気持ちがなくなりました。それが一番大きかったと思います。実際、私の場合、ロボットメーカーや機械メーカーで長期にわたる研修を受け、自分で機械操作ができるまでになりました。メーカーの営業と一緒に企業訪問までさせてもらったんです。年によって違いはありますが、私の研修期間はトータル15カ月にもなりました。

どんな仕事をしていますか。

当社は製造業のお客さまに機械・工具をはじめ工場の備品などを幅広く販売しております。私は工具を担当し、諏訪圏域の金属加工メーカー30社を回っています。毎日使うものですから、長く使える工具を提案するように心がけています。単にモノを売るだけでなく、そこに付加価値をつけて提供することが当社の特徴。ですから新製品に対するアンテナと、お客さまの仕事内容へのアンテナ、どちらも重要で、自分の改善提案がお客さまに採用していただいたときはうれしいですね。

今の目標を教えてください。

私自身が直接ものづくりに携わっているわけではありませんが、ものづくりを支えるチームの一員という自覚はあります。この仕事を通じて、信州のものづくりを支えたい。「困った時は中田に聞け」と言ってもらえるような存在になりたいと思っています。実際、当社にはそういう先輩がいますから、いい目標になります。

休日はどう過ごしていますか。

 最近ゴルフを始めました。まだやっと前に飛ぶようになった段階で、コースに出たことはありません。当社では年2回社内コンペがあるので、そこでいい成績を出せるようになりたいと思っています。