わが社のここがポイント
  • 世界環境に貢献でき、世界でも活躍できる
  • 大手スーパー・大手病院に導入されている「PN‐XERO‐WONE」の技術力
  • 社員同士の仲が良い

いまの会社を選んだ理由は。

大学3年生の春に東日本大震災が起き、「エネルギー」に関心を持ち始めました。その後留学したアメリカでも、日本の震災や原発のニュース、またアメリカ国内のエネルギー問題が日々取り上げられていて、人類にとって切り離せないテーマだと感じたんです。エネルギー分野に役立つ仕事がしたいと考える中、就職説明会で当社に出合ったのはある意味“縁”。省エネルギーシステムの開発・販売という内容だけでなく、海外志向が強い自分にとって、自身のレベルアップにつながる環境も理想的でした。「世界へもどんどん伸ばしていく。英語ができる人は大歓迎」という社長の言葉、その豪快な人柄に惹かれたことも入社理由の一つです。

どんな仕事をしていますか。

当社が開発・販売しているエネルギーマネジメントシステムの営業を行っています。「PN-XERO(ゼロ)-WONE」といって、一定規模の施設の空調や照明、冷凍・冷蔵設備などの使用量を監視、データ分析し、自動制御で省エネをサポートするIoTを用いたシステムで、導入先へは月に1度効果検証にも伺います。室内環境の快適さを保ちつつ光熱費が下がったと、目に見える効果があってお客さまに喜ばれるとやはりうれしいですね。営業先はスーパーや病院、介護施設などが多く、県内はもとより静岡、愛知、新潟、富山などへ足を運ぶこともあります。地域や業態によってニーズは異なるので、それぞれの条件に合ったエネルギー最適化のサポートを行っています。

これからの抱負は。

国内でも病院や百貨店など、開拓の余地はまだまだあります。特に当社の省エネシステムは、どのメーカーの設備にも対応できる自由度の高さ、独自のAI技術が強み。国内で営業実績を積んで、海外展開の機会があればどこへでも行くつもりです。また、そういうチャンスを自分が創れたらとも思っています。

休日はどのように過ごしていますか。

小学校からやっているバスケを競技として地元の社会人チームで頑張りながら、最近は3 on 3のチームにも入り、雰囲気の違いを楽しみながら続けています。冬はスノーボードも。ゲレンデが身近なので思いついたらすぐ行ける、そこが良いところですね。リフレッシュすれば仕事にもまた集中できて、信州はワークライフバランスを取りやすい環境だと思います。