わが社のここがポイント
  • “独立系Sler”=自由な発想のソリューション
  • 充実した教育制度で「未経験」でも安心◎
  • 手厚い福利厚生&子育て支援でプライベートも充実!

この会社を選んだだ理由は。

大学でソフトウエアとネットワークに関する知識・技術を学んでいたのでそれを生かしたかったのと、自分の生まれ育った長野県で働きたいという思いが強かったからです。最終的にAIDを選らんだのは、説明会や面接が和やかな雰囲気だったのが印象的で、自分自身とても話しやすかったから。きっと職場もそのような環境なのだろうと感じたのが、決め手になりました。実際に、気軽に相談できる過ごしやすい環境の中で働いています。

どんな仕事をしていますか。

現在は電子マネー決済関連のシステム開発に携わっていて、このプロジェクトは15人程のチームで開発を進めています。チーム内では2~3人単位でそれぞれの機能を分担し、設計・製造・テストを重ね、半年から1年近くかけて完成させます。入社当初は小さな部分をつくりテストを行うという業務が大半でしたが、近頃はお客さまの要望を直接お聞きし、設計をしています。自分で考えてできることが増えて来たので楽しい市、やりがいも感じます。もちろん自分だけの判断で進めるのではなく、必ずリーダーやチームメンバーとの情報共有をこまめにし、円滑に高品質なシステムを開発できるよう心掛けています。

仕事でうれしかったことは。

自分が担当した機能が期待どおりに動いた時。そしてその機能が、チームえ完成させたシステムの一部となり、そのシステムが世に出てユーザーのみなさんの役に立っているのを実感できた時。とてもうれしかったですね。

目指していることはありますか。

まずはさらに高度なプログラミングの知識や技術を身に付けること。これらが身に付けば設計する時だけでなく、お客さまの希望を実現する際にも多様な角度から提案ができます。そして、プロジェクトリーダーになること。そのために様々な経験を積み、マネージメント能力を身に付けていきたい。リーダーを担う先輩を見ていると、チーム全体のスケジュール管理やメンバーへの接し方等見習う所ばかりです。自分もいずれプロジェクトリーダーとして、ゼロからオリジナルのシステムを創り上げ、世に送り出すことが目標です。

休日はどのように過ごしていますか。

松本へ来てサッカー観戦にはまりました。山雅のホーム戦がある休日には、よく応援に出かけています。来春には弟が県内に就職するので、一緒にアウェー戦の応援に行こうと計画中です。あとは友人たちと出かけたり、お酒を飲んだりすることも。休日はしっかり休んで、リフレッシュしています。