わが社のここがポイント
  • 分からない点を気軽に相談できる風通しのよい環境
  • さまざまな業務のお客さまと関わることで経験の幅を広げることができる
  • 生まれ育った地域の発展に貢献する仕事ができる

信州で就職した理由は。

当初は東京と長野の両方で就活していましたが、上京を重ねるたび、都会の生活よりも、山に囲まれ、落ち着いた気持ちで仕事ができることに魅かれ、地元での就職は生まれ育った「故郷」への恩返しにもなると思うようになり、長野での就職に絞りました。働くことが自分の生活のためだけでなく、地域の発展にもつながると思えることは、仕事のモチベーションにも誇りにもつながっています。

この会社を選んだ理由は。

大学でメディア情報を専攻し、音楽やお笑いなど芸能・芸術と情報工学を組み合わせて何ができるかを学習していましたが、その過程で情報工学への興味を持ち、IT系企業への就職を目指すようになりました。いくつかの会社を回る中で、当社は技術的な話だけじゃなく、就活生の素朴な疑問にフランクに答えてくれる…この会社なら安心だ、と直感しました。また独立系Slerですので多種多様な業務に関わることができることも魅力でした。

研修ではどんなことを学んだのですか。

コンピューターやプログラムについて学習し、最後にグループに分かれてソフトを作成するという内容です。8名の新人の中には全く経験のない人もいましたが、カリキュラムが分かりやすかったため、一緒に作り上げることができました。

いまはどんな仕事をしていますか。

長野にオフィスがあるシステム第3部に配属され、いまはWebシステムを構築しています。自分でプログラミングして、想像していた通りに画面が動いたときは嬉しいですよ。ものづくりと同じですね。次のステップとして正常に機能するところから一歩品質を向上させ、いかに早く動くか、使う人にストレスを感じさせないソフトに仕上げるか、というところに力点を置いています。将来的には、現在のプログラマーから、実際にお客さまとお話しして、会話の中からお客さまが悩んでいること、求めていることを突き止め、それを解決できるようなシステムエンジニアを目指していきたいです。

休日は何をしていますか。

周辺散策を休日の日課としており、駅周辺を散歩して食べ歩きをしたり、ライブハウスを見つけて入ったりしています。長野市に住んで数カ月になりますが、実はまだ善光寺に行けてないんです。近々善光寺まで足を延ばしたいと思っています。