わが社のここがポイント
  • 家庭の「あったらいいな」を形にする商品づくりを目指しています
  • 社員一人ひとりの個性を活かし、力を発揮できる社風です
  • 福利厚生の充実!予算達成で海外旅行も!

地元で就職した理由は。

就職活動は東京と長野の両方でスタートしましたが、就活中何度か帰省しているうちに、地元へ帰るとほっとする自分に気づきました。憧れもあって学生生活は都会で送りましたが、結局は馴染めていなかった。毎日満員の通勤電車に乗る姿と、緑を見ながら車で通勤する姿をイメージするとやっぱり長野ですね。

いまの会社を選んだ理由は。

人と接する仕事をしたかったので、業種にはこだわらずに営業職を中心に仕事を探しました。当社と出合ったのは長野で合同説明会に参加した時。ブースを訪れると担当者の方が2人ともとても明るい雰囲気で、私も思わず本音でいろいろなことを話しました。人事の方から会社の雰囲気も伝わるような気がして、その時に「この会社に入りたい」と率直に感じました。さらに説明で聞いたこと、ホームページで調べたことから、当社が靴下を中心に多種多様な家庭用品の製造・販売を手掛けていること、特に消費者の「あったらいいな」という思いをくみ取って製品化を進めている姿勢に共感し、当社が私の第一志望になりました。会社訪問では、最初に抱いた印象が間違っていなかったことが感じられてうれしかったです。本社ビルはきれいで風通しがいい雰囲気。社内はクールビズを推奨していて、ラフな服装で働いています。

どんな仕事をしていますか。

私が担当しているのは北陸と関東で、このエリアの生協に靴下をはじめ医療機器、オーラルケア商品、浄水器などさまざまな家庭用品を提案し、流通も管理しています。また当社製品を提案するために全国の生協を回っています。提案しながらお客さまの声を聞き、「あったらいいな」を探すのも仕事。それは次に生かせますし、新製品開発にも生かすことができる。最近は商品企画にも携わるようになったので、自分のアイデアで商品を生み出し、お客さまに喜んでいただけるようなヒット商品を育てたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか。

ずっとバスケットボールをやってきたので、地元小布施のチームと高校時代のOBのチームに属してプレーしています。仕事では全国を回る機会があるので、有給休暇を組み合わせてアメリカにNBAを見に行きたいと思っています