わが社のここがポイント
  • 日本中、世界中に「安全・安心」を提供
  • 技術のスペシャリストが多数在籍
  • 創業100年を超える実績と信頼

長野県で就職した理由は。

 特に県内企業にこだわったつもりはありません。大学で学んだことを生かせる仕事に就きたいと思い探したところ、技術の本拠地が長野にある日本無線が第一志望になりました。入社後、長野で暮らしてみて、日本無線に入ってよかったと実感しています。山で育ち、高校時代は山岳部だったこともあり、山が見える環境は落ち着きます。また風景を見ているだけで前向きになれます。苦手だった電車移動から解放されたことも気に入っています。

この会社を選んだ理由は。

大学で専攻した通信工学を生かしたものづくりができること、幅広い知識が得られるフィールドで働けること、この二つに絞って就活して、日本無線を知りました。特に設計から製造、出荷、検査に至るまで自社で一貫して行っていることに魅力を感じました。その中で、決め手となったのは先輩社員の目標意識の高さです。就活の過程で話す機会があったのですが、どの方に聞いても目標に向かって努力していることがわかりました。働くときは周りの環境が大事だと思っていたので、自分もこの先輩たちと働きたいと強く思いました。

実際の職場の雰囲気はどうですか。

入ってからも思った通りの職場でした。皆さん目標に向かって、「次はどうしよう」「この問題はどう解決しよう」と、いつも活発な議論が繰り広げられる職場です。スペシャリストが多いので会話を聞いているだけでも勉強になりますし、若手の私の意見も皆さん真剣に聞いてくれます。入社前に予想していた通りの楽しい職場です。

どんな仕事をしていますか。

 防災用のマイクロ波無線装置のハードウェアの設計を担当しています。光ファイバーなど有線による通信が地震などの災害で途絶えたとき、主要拠点間の通信に威力を発揮するもので、まさに当社のコンセプトでもある「安全・安心に貢献する製品」です。その設計に携わっていることは、仕事の大きなモチベーションにもなっています。

仕事の楽しさ、目標を教えてください。

日々の課題解決に向けてですが、職場の先輩たちにアドバイスをもらいながら深く考えていくと、パッとひらめく瞬間があるんです。これが仕事の醍醐味であり、本当に楽しい。将来的には、ソフトウェアの知識も身につけて、プロジェクトを動かしていけるような立場に立ちたいと思っています。