わが社のここがポイント
  • チューター制度で半年間専属の先輩職員が仕事の悩みや相談に応えます
  • キャリアパス制度で目標を定めて、日々の業務に取り組むことができます
  • 資格取得補助制度があり、キャリアアップのお手伝いをします

どうして今の仕事を選んだのですか。

進路に悩んでいた高校時代に祖父が腕を骨折し、長い期間ではありませんが自宅で介護を経験したんです。その時、祖父の「ありがとう」という言葉に嬉しさを実感したことが介護職を志すきっかけになりました。大学で福祉を学んだのち、「生まれ育った佐久で、人の役に立つ仕事をしたい」と地元で就職活動を開始。当社の見学会に参加したところ、職員の方がいきいきと働いている雰囲気に惹かれて、入社を志望しました。実際に働いてみると本当に温かな職場で、仕事の悩みを相談したりととても助けられています。

今はどんな仕事をしていますか。

介護老人保健施設の認知症棟で介護職を担当しています。食事やトイレなど日常生活の介助が中心ですが、あれもこれも手伝い過ぎず「お一人おひとりに合った介護」が基本方針です。大学時代に実習は経験しましたが、実際の現場に出るとマニュアルにないことの連続で、毎日が勉強ですね。そんな中、利用者さまに「ありがとう」と言われるとやっぱり嬉しいですし、達成感を感じます。

仕事の課題や目標は。

介護の知識を身につけるのはもちろんですが、精神的にもっと強くなることが目標です。人に向き合う仕事なので、時には利用者さまとぶつかってしまうこともあるのですが、私は精神的に弱いので落ち込むことも多くて。まわりの尊敬する先輩は心がタフな方が多いので、私も少しずつ成長していきたいです。相手の意見をくみ取りつつ、こちらの思いをうまく伝えられるようになりたいですね。

信州で働く・暮らすことの魅力は何ですか。

人が多すぎず、穏やかな雰囲気で暮らせることです。休日には軽井沢のアウトレットモールや上田のシネコンなど、ドライブがてら遠出して気分転換しています。