わが社のここがポイント
  • 自分のスキルを成長させることができる風土
  • 幅広い事業
  • 充実した福利厚生制度

地元で就職した理由は。

地元で働けるなら地元がいいと思って、長野県の製造業に絞って就活しました。長野県の東信地方、特に上田市・東御市周辺は全国的にも晴天率が高く、日照時間が長い。冬でも雪が少なくて、こんなに住みやすいところはないと思います。県外、国外は旅行で行ければ十分かなと思いました。

いまの会社を選んだ理由は。

上田市周辺の製造業で探しているとき、研究室の研究支援員に当社出身者がいて、いろいろな話を聞くことができました。エントリーして会社見学に訪れたとき、ウェブなどで広報されていない技術がたくさんあって、これはすごい!と驚きました。この技術で製品化を進めたらすごい製品ができる。学んできたロボットの知識も生かせそうな分野だったので、この会社で働こうと決めました。働きやすい環境や福利厚生制度の充実も魅力でした。たとえばフレックスタイム制を導入している開発・技術部門は、時間管理を個人に任され、メリハリをつけて仕事を行う事ができます。休日は年間126日あり、有給休暇も取得しやすい。半期ごとに目標を定めて達成していく制度は、上司と相談して手を伸ばせば届きそうなところに目標設定するので、着実にスキルアップにつながっていきます。自分の成長を実感できる環境も決め手になりました。

どんな仕事をしていますか。

人が苦手とする作業、危険な作業を代行してくれる産業機器の設計、組立、調整、納品の業務を担当しています。生産ラインの一部で使われる装置ですが、ミクロン単位の精度が求められます。自分が思い描いた通りの精度で装置が仕上がったときはうれしいですよ。ものづくりの醍醐味(だいごみ)ですね。課題は、まだまだ構想する力が足りないこと。大学の研究で培った問題解決法や論理的思考方法は十分仕事に生かせていますが、生物学と工学をミックスさせたバイオエンジニアリングの分野などはまだ生かすことはできません。学んできたもの、当社で身に付けたスキルをフル動員して、全く新しいものを構想し、人の生活を楽にできるものをつくるという夢もあります。

休日はどのように過ごしていますか。

今は寮生活なので、上田の実家に帰って友人たちと酒を飲みに行ったり、カラオケに行ったりしています。ジョギングする日も多いですよ。適度に走るとリフレッシュして、思考がクリアになりアイデアも浮かんできやすいと実感しています。