わが社のここがポイント
  • 「新鮮・安全・安心・健康」をお届けします!
  • 地域産・信州産にこだわった農畜産物の販売拠点
  • 全員参加で、元気一番店をめざす

いまの会社を選んだ理由は。

就職活動は大学のあった山梨県でも行いましたが、いざ暮らすとなったら、やっぱり慣れ親しんだ長野県がいいなと思いました。また、大学時代に居酒屋でアルバイトを経験したことで、接客業に就きたいという思いもありました。学んだ民法も活かせる小売業を探す中で当社に出合ったんです。長野県といっても広く、県内転勤があることが、かえって魅力に感じました。今まで知らなかったいろんな土地へ行って、自分の好きなところで根を下ろせたらと思っています。

どんな仕事をしていますか。

農産直売部門で、青果のコーナーを担当しています。朝、入荷された農産物を売り場に並べたり、袋詰めやパッケージをしたり。また日中に商品が売れてきたら補充し、売り場をきれいに保てるようにしています。
A・コープは、他では手に入らない商品が多くある生産者直売コーナーが充実していることが特徴。お客さまからの注文も多く、発送や取り置きの個別対応もしています。さらに商品の形状や食べ方など、お客さまからの問合せに対応することも大事な仕事です。普段から農家の方やパートさん、お客さまとの会話の中でおいしい食べ方などの情報収集をしています。

どんなやりがいを感じていますか。

お客さまにレシピを紹介して「おいしかったよ」と声をいただいた時など、さまざまな場面でやりがいを感じています。また、朝には棚いっぱいに納品された農産物が売れていき、1日の終わりになくなっているのを見ると、気持ちがいいです。

目指していることはありますか。

長野県の品質の高い商品を扱っているという自負はありますが、お客さまから愛される店員になりたい。先輩社員のなかには、お客さまから日に2、3回「〇〇さんはいる?」と尋ねられるような人がいます。売り手として、私も先輩のように信頼してもらえるようになれたらと思っています。「植栗ならできる」と言ってもらえるような、得意な仕事を見つけていきたいということも一つの目標です。

休日はどのように過ごしていますか。

地元の消防団に入って活動しています。団員の人たちと一緒に和気あいあいとお酒を飲んだりするのは楽しいですね。食べ歩きも好きで、気になる食べ物があれば遠方へも出掛けていきます。足利市で食べた「牛のたたき丼」はおいしかったですよ。