わが社のここがポイント
  • お客さまと密接に関わり、地域の発展をサポートできる
  • 職員同士のつながりが強く、イベントが盛り上がる
  • 研修カリキュラムが充実しており、スキルアップをサポートしてくれる

いまの会社を選んだ理由は。

就職活動を始めたころは、場所も職種も絞らずに、興味を持ったらできるだけ説明会に参加していました。でも仕事をしながら「住む」ことを考えたとき、生まれ育った親しみのある土地、人と人のあたたかいつながりを感じる長野県がいいと、最終的に長野県での就職を選びました。大学では遺伝子工学を学んでいたので理系分野の仕事を探していたのですが、やがて金融に絞っていきました。金融は、製品や商品というより「人」で勝負していく仕事―そこがやりがいでもあり、魅力に感じたからです。なかでも、幅広い業務が経験できそうな当行に惹かれました。

どんな仕事をしていますか。

入行後「事務課」で銀行業務の基礎(預金等の手続き)を学んだ後、「マネーアドバイザー」として、個人のお客さまの資産運用や資産形成のアドバイスなどをしていました。現在は融資課で、法人のお客さまへの融資提案、相談受付を担当しています。お客さまの会社の業況変化による返済計画の見直しのお話など、自分の見方が偏らないよう上司に報告し、方針を相談しながら仕事を進めています。伝え方など配慮すべきことが多い業務ですが、そこは学びながら行動しています。

どんなやりがいを感じていますか。

取引が途絶えてしまったお客さまにお声掛けしながら、再び取引できるようになった時は、やりがいを感じました。世間話でも、私と話したいとお客さまが訪ねてくださることもうれしいです。入社したてのころ、ご近所のお宅にご挨拶に伺った際、ご不在でしたので名刺に一筆書いて置いてきたことがありました。そのお客さまがわざわざ私に会いに足を運んでくださったときは、驚きながらも感激しましたね。

心掛けていることはありますか。

一番大事にしたいと思っているのは、人と人とのつながりです。お客さまはもちそん、職員同士も。お客さまが「西脇さんがよくしてくれるから、友達を連れてきたよ」とご友人を紹介していただいたこともありました。つながりを大事にしていると、そんなありがたいご縁も生まれます。

休日はどのように過ごしていますか。

実家に帰ったり、東京や名古屋に出掛けたり。ハーフマラソンにも参加していますが、これはお客さまから教えていただいて始めたことです。話題づくりになればとゴルフを始めましたが、こちらはあまり上達していません(笑)。