わが社のここがポイント
  • 地方卸売市場 売上第2位
  • 生産者と販売先のコンサルタントの役目
  • 若いうちから販売担当として活躍できる

どうして今の仕事を選んだのですか。

実家が専業のリンゴ農家で、農業や果物は身近な存在でした。でも、私自身は動物が好きで、大学では畜産の勉強をしました。就職活動で当社を見学し「商売のエネルギー」を目の当たりにしました。県内外はもとより世界中から青果が集まり、ここで値段が決められ、また全国へ届けられる。当社で働く人には、生産地と消費者をつなぐために自分たちが必要不可欠な存在だ、という誇りがみなぎっていると感じました。それに青果物卸売業で全国的にもトップクラスの売上高があることを知り、生まれ育った長野県で大きな仕事ができるのも魅力でした。

現在どんなお仕事をしていますか。

市場はスピーディーに大量の品物を取引する流通機能や、全国の消費者がなるべく公平な値段で買えるよう価格を決めるなど、大きな公共的役割を担っています。ただ、現代の消費者ニーズは多様な一方、青果物は天候が出荷量に影響します。そこで当社は、先に販路を確保した上で、必要な商品を生産できる産地を探したり、出荷のタイミングや流通量を生産者と一緒に計画したりして、商社的な役割を強化しています。社員は入社1年目から担当品目を任され、知識や人脈、産地との信頼関係を深めます。私は入社後、バナナやパイナップルなどのトロピカルフルーツと、長野県が生産量日本一のネクタリンを担当し、県内外の大手スーパーや東信の小売店に卸していました。昨年から信州を代表するリンゴ担当になりました。

今後の抱負を教えてください。

リンゴの生産量や出荷時期などを見極めるのは難しいですが、先輩に教わりながら、安心して仕事が任せてもらえるよう頑張っていきます。