わが社のここがポイント
  • 業務形態に合わせた柔軟な組織体系を採用
  • チーム制の導入により、仕事はチームで携わる
  • 新入社員教育の充実を図り、仕事への不安解消

どうして今の仕事を選んだのですか。

子どもの頃から父のパソコンで遊んでいるうちに、本格的にプログラミングやシステム開発を学びたいと思って専門学校に進みました。学校で学んだ情報処理、プログラミング技術の成果を生かすために、就職活動ではソフト開発関連企業を何社か受けました。当社は、私の思っていた「人の役に立つシステム開発をしたい」という希望に最も合っていました。

現在どんな仕事をしていますか。

新人研修後は電波の送受信によって非接触でICタグのデータを読み書きするRFIDのシステム開発業務をしていましたが、現在は金融機関の手形管理業務を行っています。手形管理業務は、金額や期日といった情報を一定期間保持しながら、スケジュールに沿って正確に運用させる必要があります。このシステムでたくさんのお金が動くので、かなりの緊張感があります。お客さまによってシステムが異なるので、今は先輩に教えてもらいながら、日々勉強の気持ちで取り組んでいます。課題はチームで共有し、解決策を考えます。チームで携わることで知識や視野が広がり、自分自身のスキルがとても高められると感じています。

今後の抱負を教えてください。

高校生の頃からゲーム開発などにも興味をもっていたので、専門学校や当社で学んだことを生かして、さらに公共性の高い、社会に貢献できる通信系のシステム開発、たとえばAI(人工知能)のソフト開発などにも取り組んでみたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか。

愛犬と近所を散策しています。通勤中には気づかないような小さな発見をするのが楽しみです。