わが社のここがポイント
  • 北信地域で40年続く冠婚葬祭業
  • 誠実と思いやりの心で地域社会に貢献
  • 幅広い年代のスタッフがやりがいを感じる職場です

信州で働く・暮らすことの魅力は何ですか。

家族と過ごせる、という安心感が一番大きいです。大学時代を東京で過ごしたので、街のにぎわいや多様な文化に触れられるところなど、都会の魅力もわかりますが、長く暮らすなら、やはり長野がいいです。東京に出掛けた帰り、長野駅で新幹線を降りると、空気が違うと感じます。

どうして今の仕事を選んだのですか。

ある合同就職説明会で、当社に出合いました。私の祖父が亡くなった時、葬儀など一連の儀式を取り仕切ってくれたのが安楽院だったんです。私たち家族や、祖父のために集まってくれた人たちのために、スタッフの方々が細やかな心遣いをしてくれたのを思い出し、地域社会で必要とされているこの会社で働きたいと思いました。当社は冠婚葬祭のほか高齢者施設や温泉施設の運営など、グループでいろいろな事業を手掛けていて、さまざまな経験ができる可能性があることも魅力でした。

今はどんな仕事をしていますか。

ご葬儀が滞りなく執り行えるよう、式場の設営やお客さまの案内、式典の運営などさまざまなサポートをしています。これからは司会も担当することになっているので、声の出し方、トーン、間のとり方などを練習しています。亡くなられた方、残された方の気持ちに寄り添える式にできるように、努力を重ねたいと思っています。

やりがいと課題は何ですか。

式の後、喪主さまやご家族の方から「お世話になりました」と声をかけてもらえた時、自分の仕事に手応えを感じます。また、当社は人と人のつながりを大事にしており、社内の雰囲気もアットホーム。のびのびと仕事ができることも、やりがいにつながっています。その中で私は、もっとお客さまの役に立てるような仕事がしたいと思っています。今は、「お客さまに失礼がないように」という段階から一歩進めて、「お客さまの気持ちに寄り添う」ことを目標にしています。