わが社のここがポイント
  • 仕事の自由度が高く、やりたい仕事にトライできる
  • 社内のコミュニケーションが円滑で仕事しやすい環境
  • 長野県全域や全国規模で仕事ができる

転職の経緯を教えてください。

大学でスポーツビジネスに興味を持つようになり、2年からスポーツ系イベント会社でアルバイト。卒業後はその会社に就職しました。興味ある分野の仕事でしたが、休日のイベントが多くて勤務が不定期になるなど、労働環境が自分には合いませんでした。ちょうどその頃、実家からも長野に戻ってほしいと頼まれていたので、Iターン転職を決意しました。

どうして今の仕事を選んだのですか。

前職でチームのスポンサー集めやイベント運営などの仕事をしていましたから、長野でその経験を生かすなら広告代理店だ、と。これまで時代を象徴するような広告がたくさんありましたが、私もそんな広告を制作してみたいという思いもありました。

どんな仕事をしていますか。

新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどの広告セールスのほか、展示会やイベントの運営をしています。お客さまの広報チームの一員という自覚で仕事をしていますが、「飯沼ちゃん」と気軽に相談してもらえるときは、信頼されていると感じてうれしくなります。

抱負を聞かせてください。

面接のとき「一緒にやろう」と声をかけてくださった上司がすごいんです。お客さまと緊密な信頼関係を築き、部下の面倒見もいい。私にとっては大きな目標です。仕事では、お客さまの業績が目に見えて伸びていくようなPR活動を手がけたいですね。お客さまに喜ばれ、制作スタッフも喜ぶ。みんなが喜べる仕事がしたいです。

休日はどう過ごしていますか。

小学校から高校まで続けていたバスケを、会社の先輩や友だちと楽しんでいます。そのほか安曇野の実家に帰ったり、冬はスノーボードをしたり、映画を見たり…。東京での暮らしには慣れることができませんでしたが、長野ではストレスを感じない生活でとても気が楽です。