わが社のここがポイント
  • 新聞販売を通じて地域貢献
  • ともに働く仲間を大切にする会社
  • 有力地方紙の販売会社として全国トップクラスの販売部数・売上高

この仕事を選んだ理由は。

以前、食品製造業の工場で働いていた時に、決められた数量を作って終わってしまうのが物足りず、頑張った分だけ結果につながる営業職から仕事を選びました。当社の地域貢献活動に積極的に取り組んでいるところが、魅力に感じました。

どんな仕事をしていますか。

 午前1時半過ぎに出勤し、新聞にチラシを折り込み、午前3時頃までに配達の準備を整えます。その後、休みの配達員の代わりに配達などを行います。最後に全ての配達が無事に終了したことを確認し、早朝の仕事が完了します。午後、再度出勤し自分の担当エリアで営業活動や集金活動を行います。

どんなやりがいを感じていますか。

一番は、お客さまとの会話ですね。初対面の方や読者の方と話せるのは、楽しいです。営業は、1回訪ねたところで、なかなかすぐには申し込んでもらえません。お子さんがいたら、紙面からお子さん向けのイベントなど、ちょっとした情報をお届けするような工夫をコツコツと続けています。それは結果に表れていると思います。また朝刊の仕事は、皆で気持ちを入れて短時間に集中して取り組みます。作業が終わって、配達予定の新聞がきれいになくなると気持ちがいい。毎回、無事に作業が終了するとホッとします。朝の仕事と午後の仕事でメリハリがあって、自分には合っていると思います。

心掛けていることは。

新聞の配達は、なんといっても間違いのないようにすること。1部でも新聞が残っていると全てチェックすることになるので。
また配達員が急に配達ができなくなった時の対応など、迅速にできるよう地図を整えたりもしています。その他にも営業としてお客さまを回る時には、第一印象も大切ですが、大勢の人が関わって作り、配達している新聞の印象が、自分一人の行動で台無しにすることがないようにと、常に気を遣います。地域貢献活動は、今はまだ思うように取り組めていませんが、地域や読んでいる方に感謝できるような機会がつくれたらと思います。

休日はどのように過ごしていますか。

アウトドア派なので、車で出掛けることが多いですね。先日は、家族そろって動物園に行きました。遠出はあまりしませんが休日はきちんと取れます。まだ入社して2年目ですが、落ち着いたら、好きな野球をやりたいと思います。