わが社のここがポイント
  • 安全運転という観点から社会を支える企業
  • 何でも相談しやすい社風
  • 最新技術に関わり、身に付けることができる

この会社を選んだ理由は。

実は当初、あまり景気がよくなかったため、業種よりも給料を優先して企業を探していました。4年の春には内定もいただいたのですが、ゼミの教授から「今まで学んできたことが生かせない業種でいいのか」と声をかけられ、夏に2度目の就職活動を。その中で当社には、製品開発で私の学んできたことを生かせる場があると思い応募しました。

どんな仕事をしていますか。

当社は安全運転診断やドライブレコーダの機能を備えた車載機を製造し、運送会社などへ販売しています。開発本部は新型車載機を開発する部署で、私はカメラからの映像をSDに記録する際などに必要なドライバミドルウェアを担当しています。他にも運行業務や記録など保守に関連したWindows向けアプリケーション、スマホアプリの作成、研究開発のような仕事もしています。仕事の中で手間をかけるのは、設計と検査。特に設計段階では、他部署からの意見も取り入れていきますので、時間がかかります。検査は、実際に車載して走って確認し、問題があったら修正をしていくのですが、一日中走り回っているような日もあります。問題の原因がわからず、心が折れそうになることもありますが、調べていれば、いつか必ず原因が分かります。納品後、営業を通じてお客様からの「問題なく動いている」という声を聴くと、やっとホッとしますね。

どんなやりがいを感じていますか。

時代に合わせて常に新しいものづくりに挑戦している、最先端であるということ。製品づくりの調査段階、実装する段階では、さまざまな最新技術を取り込めているという自負があります。以前は、設計から検査の段階まで指摘ばかり受けていましたが、スムーズに、少しずつ効率よく品質の良いものをつくることができるようになり、成長しているなと思うとうれしいです。

目指していることは。

生きているうちは、最新の技術に食らい付いていくしかないという意気込みはあります。その時、その時の技術の最先端を学んでいきたい。それをずっと続けていくことです。

休日はどのように過ごしていますか。

読書や映画鑑賞、ドライブをしたり。また月に1~2回は、直接仕事に関わりがないのですが、趣味でIT関連のコミュニティ・カンファレンスに参加しています。