わが社のここがポイント
  • ハリカ長野は家庭用品総合卸(株)塚傳のギフト事業部
  • 贈り物を通して、人と人との架け橋を笑顔でサポートする
  • 全国の小売業に商品を卸す営業で活躍するチャンスもある

いまの仕事を選んだ理由は。

2010年頃はリーマンショックの後の厳しい時代。私は人見知りが激しかったので、事務系希望だったのですが事務系の求人は少なく、自分の性格を変えたい、殻を打ち破りたいと思ってサービス業を目指しました。旅館なども含めていろいろな業種を研究しているとき、説明会で社長から、「ギフトの仕事は贈る人、贈られる人、二人を幸せにできる」という話を聞いて、すてきな仕事だと思って入社を決めました。

すぐ仕事になれましたか。

当初は接客にものすごくためらいがありました。お客さまに声をかけられずにいる私に、前の店長が「大丈夫、お客さまも人間だから」と励ましてくれて、だんだん慣れていきました。声をかけられるようになると、ギフトをお求めになるお客さまは、皆さんやさしい方ばかりだと気づきました。年配の方からは「がんばって」と励まされたこともあります。今ではお客さまとの会話が楽しくて、サービス業に挑戦して良かったと思っています。

どんな仕事をしていますか。

ギフト用品をお求めに来られるお客さまにアドバイスをしています。冠婚葬祭の需要が多いのですが、若いお客さまの中にはのし紙の書き方を知らない人もいて、教えてあげることもしばしば。この仕事に就くまで私も知らなかったんですけどね(笑)。出産祝いには何を選んだらいいか、引き出物はどうするかなど、お客さまの相談に乗りながら、日本の風習を伝えていくのも私たちの仕事だと思っています。またオリジナルの詰め合わせを考えるのも大事な仕事。定番だけでなく、雑貨を組み合わせたセットや若い人たちの心に届くオリジナル・ギフトを作りたいと思っています。年に2~3回東京での市場視察に参加していますが、市場動向にはいつもアンテナを張っています。

目標はありますか。

結婚してからも店長を務めたいと思っています。出産後に復帰した先輩も多いので、私もこの仕事を続けたい。そしていつか機会があれば、新規出店に一から関わってみたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか。

シフト勤務ですが、年末年始や6月の繁忙期を除けば休日が取りやすいので、友だちを誘って旅行に行ったり、ドライブしたり。2カ月前に新車を買ったので、休日に洗車していると走りたくなりますね。