わが社のここがポイント
  • 高い加工精度と高度な品質管理体制
  • 量産を追求した試作・生産の一貫体制
  • 多種少量に対応した高効率な量産ライン

信州で就職した理由は。

子どもの頃から機械を分解するのが好きで、ものづくりに興味がありました。製造業に就職したいと思って進学したのですが、学生時代から諏訪圏工業メッセや坂城町工業展などを見て、長野県内には優秀なものづくり企業がたくさんあることを知っていたので、わざわざ県外で就職する必要性はまったく感じませんでした。私にとっては自然の流れですね。

いまの会社を選んだ理由は。

就活を始めるに当たって、卒業生の就職先一覧を見ていて発見しました。ただ、そのときは名前の読み方もわからなくて(笑)。よくわからないまま上田市内の合同説明会に参加し、当社がホンダ車の部品メーカーであることを知りました。私もホンダ車が好きで、その頃はオデッセイに乗っていたのでそこでも縁を感じ、興味が湧いたので会社説明会や工場見学に参加。その中で先輩社員との懇談会があったのですが、全然部署の違う先輩方が仲良く話している姿がとてもアットホームで、こんな雰囲気の中で一緒に働きたいと思いました。

どんな仕事をしていますか。

製造工程で使う治具の製作や製品の試作を担当しています。治具は部品や製品を固定するための道具で、一品ものも量産ラインで使われるものもありますが、これが狙ったとおりの寸法に仕上がると気持ちがいい。まだ先輩の力を借りながらですが、達成感もありものづくりのおもしろさも味わっています。

抱負を教えてください。

実は2018年1月から本社の生産技術1課への異動が決まっています。製造工程を作るもっとも重要な部署の一つで、責任はより重くなると思いますが、今からわくわくしています。そこでしっかり勉強して、いずれ新製品の生産ラインを立ち上げる仕事に携わりたい。自動車はどんどん進化を続けているので、進化に対応する勉強もしていきたいですね。

休日はどのように過ごしていますか。

ドライブが好きなので、愛車でよく出掛けます。お気に入りは軽井沢、戸隠、ビーナスライン…信州は高原の観光地が多く、気持ちよくドライブできる道がたくさんあります。一眼レフカメラも趣味なので、いい風景に出合えばシャッターを切っています。あまりスポーツはやらないのですが、友人から誘われているので、この冬はスノーボードに挑戦しようと思っています。