わが社のここがポイント
  • 自社ブランドの完成品メーカー
  • 長期にわたる人材育成
  • ニッチ市場でトップシェア

地元で就職した理由は。

大学は東京でしたが、当初から就職は長野でと考えていました。東京で仕事をしている自分をイメージできず、か土地柄をよく知っている地元でチャレンジしたいという気持ちもありました。

いまの会社を選んだ理由は。

就職活動は長野に本社がある会社を中心に進めましたが、最初は具体的な仕事のイメージは持てませんでした。自分が何をしたいかよく分からなかったのです。説明会に参加したのは10社ぐらい。業種は製造業、金融、住宅メーカー…ばらばらですね。どんな仕事でも仕事なら頑張れる自信はありましたから、会社訪問ではその会社で続けられるかという視点で見ていました。当社は開発担当者が説明してくれたのですが、とてもフランクに何でもオープンに話してくれ、楽しく一緒に働こうという気持ちが伝わってきて、この人が働いている会社なら、自分も続けられると思い入社を決めました。

どんな仕事をしていますか。

入社してから1年間研修で、いろいろな部署を回りました。同じ会社でも製品によって工程がまったく違う。開発部に配属されてからは、工業用冷却水を作る装置の開発を担当しています。製品試験や能力を調査していますが、まだ勉強中で面白さを語れる段階ではありません。今はニーズをつかむことが課題だと思っています。その製品が、どんな場所でどう使われるか。それが分かればもっと具体的に製品全体のイメージを描け、仕事の面白みも分かると思っています。

目指していることはありますか。

いつかは当社の主力製品にラインナップされるような製品を開発したいですね。バージョンアップではなく、当社の技術をぎっしり詰め込んで、今まで手掛けていなかった分野の製品とか、まったく市場になかった製品。当社の技術を生かせればいろいろなものができる。想像しているとわくわくします。

休日はどう過ごしていますか。

高校・大学とサッカー部でしたから、ほかの遊びを全く知りませんでした。今もフットサルはしていますが、昨年は新たにサーフィン、ボルダリング、マラソンにチャレンジしました。冬はスノーボードに夢中です。これも長野に戻ってから始め、今は会社の仲間とスキー場に通っています。近くにスキー場があるのも長野の魅力ですね。