わが社のここがポイント
  • 経験がなくても人間性で勝負できる
  • 親孝行を第一に考えている
  • 学歴年齢に関係なく実力で昇格できる

信州の魅力は何でしょう。

私は東京出身で当社には甲府で採用になりました。最初は自分から望んで来たわけではありませんが、1年間松本で暮らしてみて、空気が東京とはまったく違うことに気づきました。とくに松本は雄大な山並みが近くにそびえ、晴れの日が多くて気持ちがいい。ここに赴任してきた良かったと思っています。豊かな自然に囲まれて仕事をしていると、ちょっと息抜きしたときもリラックスできます。学生時代、スノーボードでよく白馬のスキー場に行きましたが、松本へ転勤と聞いたときは、真っ先に「スノーボードができる!」と思いました。

いまの会社を選んだ理由は。

「営業をしたい」という漠然とした目標だけで就職活動を始めたのですが、もっと具体的な目標を持たなければと考え、「ファンを100人つくる」を自分の夢としました。目標には数字があったほうがいいと思ったのです。そのためにはどんな仕事がいいかと考えるなかで「住宅営業が一番の近道だ」という結論に達しました。企業研究や面接を通じて、当社の感謝と礼を大切にする姿勢、社員を立派な社会人に育てるという姿勢に共感しました。とくに親に感謝しなさい、親孝行できない者は何に対しても感謝できないと言われ、実際入社1カ月目にさっそく「親孝行してきなさい」と赴任地の甲府から東京の実家に帰されました。この会社なら、家づくりを通じてお客さまの夢をかなえ、そのお客さまが私の夢をかなえてくれる。就職したことがゴールではなく、ここから「ファンを100人つくる」という私の夢をかなえるための一歩が始まると思うことができました。

どんな仕事をしていますか。

モデルハウスを見学に来られたお客さまを案内し、家づくりの相談に応じ、ご要望に応える提案をしています。ご案内したお客さまに心から“ありがとう”を言って頂けたときは嬉しいです。家はお客さまにとっては一生に一度の買い物であり、しかも私にとってはどなたも人生の大先輩ですから、心から尊敬の念をもって接するように努めています。一般に営業は契約までとされますが、当社では施行やアフターサービスまで営業が関わりますから、お客さまとは一生のお付き合い。信頼されることが何より大事になります。

難しさはどこにありますか。

当社の注文住宅は、ヒノキにこだわった伝統的な木造軸組み工法。お客さまのご要望を取り入れた自由なデザイン設計が可能です。しかも、これまで伝統工法は地震には弱いと思われていましたが、独自のグッドストロング工法を取り入れて圧倒的な耐震性能を実現しました。火災にも強く国が定める長期優良住宅の基準もクリアしています。私も当社の住宅には絶対の自信があります。それでもお客さまに選んでいただけなかったとしたら、それは営業マンである自分の問題。私自身の人間性を磨いていかなければいけないと反省もし、次に生かせるようにと日々努めています。最近はお客さまから「任せるよ」と言っていただけるようになり、手応えを感じられるようになりました。

休日はどのように過ごしていますか。

冬の休日はスノーボード。昨シーズンは4~5回白馬に行きました。信州の観光地巡りもしています。ドライブをしていて気になる家を見つけると、提案に生かせるかもしれないと思って、つい写真を撮ったり特徴をメモしたりしてします。仕事を忘れているのは、家でのんびり本を読んだりテレビを見たりしているときですね。2カ月に1回ぐらいは実家に帰って親孝行もしていますよ。