わが社のここがポイント
  • オンリーワンの計測器で世界の科学技術や産業の進化に貢献
  • 上田市本社の集約された設計・製造拠点
  • 充実した福利厚生と社員の教育制度

この会社を選んだ理由は。

実家から徒歩で通勤できるほど近いので、小学生の頃から当社と地域が一体となって楽しむ「HIOKI祭り」にもよく遊びに来ていました。地域に開かれた企業というイメージが子どもの頃からあり、私の中では最も身近に感じていました。それに「ふるさとの森づくり」で、社内外の植樹活動にも力を入れていることから、「この環境の中で働きたい」と思っていました。
もうひとつは、研究・開発のセクションと生産工場が本社1カ所に集約されていたことです。大企業の場合、研究開発の拠点が分散していたり、生産拠点も複数あることが珍しくなく、入社後の配属先次第でどこの土地に行くかわからないという不安を感じていましたが、HIOKIなら生まれ育った上田の地で自分のスキルを生かして働くことができると考えました。電気計測器の分野で業界に広く浸透していること、また「人間性の尊重」「社会への貢献」という企業理念にも強く共感しました。

どんな仕事をしていますか。

電線を切らずに導線中を流れる電流を測定する電流プローブという製品の電気回路設計を担当しています。通常、オシロスコープと組み合わせて、モータの制御電流や電源周りのスイッチング電流波形を観測するためのセンサです。関係する業務として、熱・電磁場のシミュレーションなどにも取り組んでいます。HIOKIの製品は信州の上田という地から、世界に発信できるブランドだと思いますので、いま携わっていることに私自身も誇りを持っています。

休日はどのように過ごしていますか。

子どもが生まれて間もないので、家ではもっぱら“育メン”しています。HIOKIの福利厚生制度は驚くほどしっかりしています。男女ともに満3歳までの育児休暇が取得でき、休暇後の復帰率もほぼ100%。しかも子どもが小学校を卒業するまでフレックスタイムでの勤務が可能なんです。男性社員でも育休取得実績がありますし、子育てと仕事の両立には最適な仕事環境が整っています。
他に休日の楽しみとしては、体を動かすことです。会社のサッカー部に所属しているので、春夏のシーズン中は地域のリーグ戦に参加もしています。夜間照明設備まで備えたグラウンドや屋内ジムもあり、健康増進やスポーツのための環境は十分過ぎるほど整っているので、休日だけでなく平日もクラブ活動やジムで汗をながしたりといった活動がとても盛んです。