わが社のここがポイント
  • 創業100年を超える老舗総合建設企業です
  • 固定概念にとらわれず、新しいことに積極的です
  • 手がけた工事は多数表彰されています

職歴を教えてください。

大学卒業は2012年。地元で就職し地域に貢献したいという思いがあり地元のレジャー産業に就職しました。その会社では4年間で転勤を3回経験し、東京に新規出店する際は半年ほど東京勤務も経験。しかし、都会の生活に馴染めなかったうえ、東京赴任中に子どもが生まれたこともあって、家族と暮らす環境や子育てを考え退職しました。

いまの会社に決めた理由は。

最初の就職のときは、地元で人と接する仕事という観点で探しましたが、2度目の就職は子どもがいましたから、一生の仕事を選びたいと慎重に探しました。実は父が土木関係の仕事をしていて、幼い頃、「これはお父さんが作った道路なんだぞ」とよく聞かされていたことを思い出し、一児の父となった私も、いつか自分の子どもに同じように自慢話をしたい、と思うようになったのです。当社は佐久地域の人なら誰でも知っている企業で、地域に密着し、さまざまな分野で活躍していますから、地域貢献という面でも私が描いていた理想に近く、応募を決意しました。この会社に就職してからは父と飲みに行く機会が増えました。口には出しませんが、喜んでくれているように感じます。

どんな仕事をしていますか。

最近までの現場は中部横断自動車道でした。仕事は主に測量や一緒に働いてくれるスタッフがスムーズに仕事ができるように段取りをつけることです。一つの現場を終えると書類の整理を手伝い、また次の現場へ―。私自身、土木を学んできたわけではありませんから、ゼロからのスタートです。先輩社員に一つひとつ聞きながら仕事を覚えている最中。一生の仕事にするために、これから勉強してさまざまな資格にチャレンジし、いずれは土木施工管理技士の資格もとりたい。先は長いと覚悟していますが、まずは経験を積むことから始めて、着実に階段を上っていきたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか。

2歳の子どもと一緒に公園で過ごすことが多いですね。佐久穂町の「元気が出る公園」、通称「元出る公園」によく行きます。将来マイホームを建てたいので、家族で住宅展示場にもよく行きます。当社は住宅も手掛けていますから、夢を膨らませて仕事への意欲をかき立てています。