わが社のここがポイント
  • 充実した社員研修制度
  • 上司との距離が近く相談しやすい
  • 若手社員のうちから活躍できる

農学部卒業ですが、どうしてこの業界に。

先輩の就職先は食品会社などが多く、私も応募してみたのですが、どうしても仕事のモチベーションが持てずに悩んでしました。そんなとき先生から、「接客のような仕事のほうが向いている」とアドバイスされ方針転換。長男ということもあり、県内のサービス業、流通業などを見るようになりました。

いまの会社を選んだ理由は。

当時の就活解禁は12月で、さっそく合同説明会に参加しました。合計7回、約40社の説明を聞いたと思います。当社と出会ったのは就活も最後の4月でした。会社の説明をせずにゲームで盛り上がったり、就活生の相談に乗ってくれたりという合説で、会社のことがわからなかったため説明会に参加。そこでは社長が直接話してくれて、若手社員が活躍する会社の勢いを感じました。店舗見学で楽しそうに働いている先輩社員を見て、素直にこの会社で働きたいと思ったのです。複数の内定をいただきましたが、自分がいきいきと楽しそうに働ける会社はここだと確信して決めました。

どんな仕事をしていますか。

当社には中古車販売のロイヤルカーステーション、車検のコバック、鈑金のモドーリ―などの店舗が、松本市を中心に長野市、須坂市、佐久市、茅野市などにあり、入社以来、これらの店で営業やサービスフロントを経験してきました。今は車検のコバック須坂店で、サービスアドバイザーとして車検の案内や受付を担当しています。

仕事の楽しいところ、難しいところを教えてください。

自分の顔と名前を覚えていただけるだけでも、接客は楽しいですね。お客さまと話すとき、同じ内容を伝えるにしても、話し方の順番や語尾を変えるだけで、お客さまが不安に思われたり、安心していただけたりすることがわかってきて、難しいなあと感じています。これまでいくつかの店舗で新しいことを覚えてきましたが、車検の流れがつかめるようになり、工場全体の仕事が効率よく流れるようにコントロールできるようになりました。これはやりがいを感じます。採用チームにも入っているので、たくさんの学生と出会えることも楽しみです。

休日はどのように過ごしますか。

週2~3回はジムに通い、休日は松本のバドミントンクラブでプレー、月1回ぐらいは同期と出掛けたりしています。温泉もよく行きますよ。