わが社のここがポイント
  • 県内初の「RubyシステムインテグレーターGold」認定企業
  • 新入社員研修プログラムが充実
  • 幅広い分野のソフトウェア開発を行っているため、さまざまな仕事にチャレンジできる

いまの会社を選んだ理由は。

子どもの頃からパソコンに触れるのが好きで、よくさわって遊んでいました。インターネットにしても情報量が圧倒的で尽きることがなく、やればやるほど新しいものに出合う。それが単純に面白く、情報分野に興味をもちました。その延長で高校・大学と情報分野を学んできたので、その知識を生かせる仕事をと、業界を絞って探していました。当社は県内のソフトウェア開発会社のなかでも歴史があり、パソコンが一般的に普及する前から情報という分野で仕事をしてきた会社です。また、初の国産プログラミング言語「Ruby」を使った開発にいち早く取り組んで実績をあげている点も革新的で、チャレンジ精神を感じました。変化の激しい情報社会において、これまでも、これからも生き残っていく会社だと確信し、ここで働きたいと決めました。

どんな仕事をしていますか。

入社して半年間は研修をしていましたが、その後はすぐ開発業務に携わらせてもらい、いまは製造業向けに生産管理システムの開発などを行っています。主には設計書を元にプログラミングする作業が中心ですが、一部設計もやらせていただいています。プログラミング自体は大学でも学んできたことですが、生産管理という業務知識はゼロから。システムを作るうえで必須の知識ですが、実際は製造業のジャンルも幅広く、製品の受注から出荷までの一連の流れを把握するにも一苦労で…そこは勉強中です。

どんなやりがいを感じていますか。

入社して日は浅いのですが、設計からやらせていただいているものもあり、ちょうど1つ開発を終えました。お客さまのところに納品し実際にテストをしてもらう工程で、システムの使い方をご説明したりもしています。工場などお客さまのところで作業をするようになり、社内の作業では見えなかったものを感じられるようになりました。納品したシステムが稼働しているようすを目の前で見て「使っていただいている」という実感も湧いてきますし、お客さまの声を自分の仕事にフィードバックもできる。一番大切にしているのは、研修中から教えられてきた「お客さま第一」。これは今後も常に心掛けて仕事をしていきたい。お客さまと一緒に仕事をさせていただく機会が増えたことで、その思いを新たにしました。まだまだ知らないことばかりだと痛感していますが、入社した時から、いろいろな業界を相手に仕事をしていきたいという思いもあったので、日々楽しいです。