わが社のここがポイント
  • いつも明るい職場
  • 新人のうちから仕事を任せてもらえる
  • 1月にリニューアルしたばかりの新しい社屋

いまの会社を選んだ理由は。

自分の手でイベントを創りたい、たくさんの人と関われる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。大学時代にイベントスタッフのアルバイトを経験し、将来こういう仕事に関われたらと興味を持ちました。東京のイベント会社などでは業務が細分化・専門化されがちですから、それよりも、イベント業務はもちろん幅広くいろんなことができる地元・長野の広告業界の方が、私には魅力的でした。中でも面接段階から一番詳しく話を聞くことができたのが当社。業務内容のイメージが湧きやすく、入社意欲が高まりました。

どんな仕事をしていますか。

お客さまに広告の提案をすることがメインで、新聞やTV、WEB、ラジオなど日常何気なく見聞きしているものが仕事の中心にあります。メディアへの連絡業務や、イベント運営など業務内容は幅広く、毎日同じ仕事は一つもないと感じるくらい。常に新しい視点を学び、一つ一つ身になるため、とてもやりがいがあります。

目標はありますか。

謙虚さを忘れず、でも営業は大胆に。お客さまに選んでもらえる営業に―それは常に思っています。信頼され、「任せるから」と言っていただけるような営業でありたい。あとは、イベントを自分で一から創り上げてみたいと思います。当社では、新人の頃から多くの現場に立たせてもらって経験を積むことができます。自分次第で新しい仕事を創っていける環境なので、自分の興味や個性を生かせる。それが広告という仕事の醍醐味です。

休日はどのように過ごしていますか。

読書をして過ごしたり、映画を観に行くことが多く、映画はホラー以外ジャンルを問わず観ています。直近だと「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が予想以上に良かった! お薦めです。あとは、大学時代を東京で過ごしたこともあり、首都圏在住の友人が多いので、長期の休みが取れたときには東京に出掛けて友人とご飯に行ったりショッピングをしたり。中学からやっていたバスケも、かつてのチームメイトと時々楽しんでいます。