わが社のここがポイント
  • 設計から製造までモノづくりのすべての機能を持った会社
  • VAIOのモノづくりを新規領域事業へも展開
  • 常に新しい技術を取り入れた挑戦・成長できる体制

いまの会社を選んだ理由は。

地元で就職したかったこと、そして自分が好きなロボットに関わるなら当社だろうなと考えていました。高専時代にはロボット制作に打ち込んでいて、NHKのロボコンとか、ロボット系の大会に出場し、世界大会で中国にも行きました。当時ソニーの会社であった当社のインターンシップに参加して、ここでペットロボットAIBOを設計、製造、アフターサービスまでしていたのを知り、「ぴったりだ!」と思ったのです。会社の雰囲気もフレンドリーで「ここで働きたい」と思いました。

どんな仕事をしていますか。

設計と製造の橋渡し役をする製造技術という部門で、設計からの情報を製造に伝えたり、製造の状態に合わせて設計を調整したり、製造でスムーズにいかないところを設計にフィードバックしたりしています。設計のような業務や、時には製造ラインで手を動かすようなこともあります。製造技術は、企画、設計、製造、品質保証やサービスまで、社内で一番、他の部署とつながっている部署です。

やりがいを感じるのはどんな時ですか。

EMS事業では、どんどん新しいものが依頼されてきます。勉強も必要ですが、常に新しいものを見ていけるのは、楽しいですね。それから、当社は新規商品を作るにあたり、初めの段階から、全工程のメンバーが関わって企画、設計し、試作の精度をあげています。例えば新しいロボットを作る時に「製造技術に柳川というのがいたからメンバーに入れよう」などと呼ばれることが、この頃増えてきたのもうれしい。「ちょっと聞いてみよう」って思われる存在でいたいと思います。

後輩にアピールできる仕事の魅力は

何より最先端です。ロボットも、パソコンも最先端のものを積んでいる。常に最新技術があるので、新しもの好きには、魅力的な仕事だと思います。EMS事業で依頼を受けるロボットやウエアラブルな玩具などは、新領域に関わっていきますから、今までの知識では通用しなくなる。そこは勉強していかなければならないのですが、そこも楽しんでいます。
そして自分の関わった製品が店頭に並んでいるのを見るのは、楽しいです。パソコンでも実際に手に取ってシリアルナンバーを見た時に、「ああ、見覚えあるぞ」って思うこともあります。

EMS(electronics manufacturing service:電子機器の受託生産を行うサービス)