わが社のここがポイント
  • 創業から約50年の歴史を重ねてきた、地域密着型の本格的なシティホテルです
  • 12のタイプの異なる客室(148室)でくつろぎの空間を提供しております
  • 大小17の宴会場と7つのレストランにて、お客さまのニーズにお応えするサービスを提供しております

ブライダルを志望した理由は。

年が離れた姉が2人いて、私が中学生ときに2人とも結婚。準備段階から姉を見ていて、式の当日には姉がきらきら輝いて見えました。そのとき、こういう仕事に就きたいと思い、高校卒業時にはブライダル専門学校に進学。プランニングからウェディングドレスの扱い方、ブーケの作り方などあらゆることを学びました。

転職の経緯を教えてください。

最初の職場はハワイでの挙式をプロデュースする会社で、私は現地でお二人をサポートする仕事に就きました。挙式、披露宴、海岸やダウンタウンでのフォトセッションと、常にお二人の近くにいて幸せオーラを浴びられる楽しい仕事だったのですが、1年間勤務してビザの再申請のために帰国したとき、急に長野が恋しくなったのです。豪華なプルメリアではなく繊細な日本の花々、めりはりある四季、ふるさとの家族や友人の顔が脳裏に浮かび、無性に帰りたくなりました。1年間で70組も担当したので、やり切ったという満足感もあり、地元への転職を決めました。

いまの会社を選んだ理由は。

最初にインターネットでブライダル関係を調べたのですが、当ホテルはお二人へのケアが充実していると思いました。実際ウェディングラボを開いて挙式を前に不安な気持ちを取り除くケアをしています。ホテルとしても海外からのお客さまを迎える国際的な顔を持ち、さまざまなレセプションを任せられるなど地域を代表する顔を持っています。お客さまを心地よく歓待するために努力を惜しまない姿勢が随所に感じられ、当ホテルだけを考えて転職活動をしました。

どんな仕事をしていますか。

ブライダルコーディネーターとして、申し込まれたお二人の挙式、披露宴のお手伝いをしています。ハワイの挙式はイメージが決まっていますが、長野ではゼロからスタート。何度も打ち合わせながら、そのお二人にふさわしい式・披露宴を考えていきます。最後に「島田さんでよかった!」と言ってもらえると本当にうれしい。それまでの苦労が吹っ飛びます。

休日はどのように過ごしていますか。

姉が近くに住んでいますので、甥や姪と遊ぶことが多いですね。子どもたちの成長が早くて、ついていくのに必死です。最近、小学校の友だちと遊ぶ時間が増えて、私は遊んでもらえなくなり、ちょっと寂しい思いをしています。