わが社のここがポイント
  • ”フレンド”と呼ばれる先輩が相談にのってくれる
  • 同じ商談は1つもない。だから楽しい
  • たくさんの研修や社内行事のおかげでタテとヨコのつながりが増やせる

就職活動では多くの合同説明会に参加し、さまざまな企業に足を運びました。当初の私は“年間休日数”や“女性社員数”を重視して企業選びをしていましたが、当社のブースで気さくに話しかけてくれる採用担当者と出会い、その思いは変わりました。その方は事業内容や企業説明だけでなく、私の就職活動に関する相談にものってくれ、いつも背中を押してくれたのです。一緒に働く人がどういう人なのか、仕事を続けやすい環境なのかといった“社風”がとても大切だということを強く感じ、当社へ入社することを決めました。

どんな仕事をしていますか

営業職のカーライフアドバイザーとして、お客さま一人一人のカーライフをサポートしています。日産車の販売はもちろん、点検や整備のご連絡、お車の調子伺い、自動車保険のご案内も行なっています。担当しているお客さまには電話や手紙で連絡をして、まずは仲良くなることを大切にしています。先輩から引き継いだばかりの頃に、電話でしか話したことがなかった方が「北沢さんいる?」とご来店くださったことがありました。その時は「覚えてくれていた!」ととても嬉しかったことを覚えています。お客さまとたくさん会話をすることは、その方が持っているニーズを把握することにつながっていくので、これからもお客さまを第一に、安心して車に乗れるサポートをしていきたいですね。

今後の目標は

長野県に住んでいる多くの人にとって、車は必需品だと思います。日常で使うものだからこそ、万能な魔法の絨毯だと思ってしまう方もいるようです。けれど、車はしっかりとメンテナンスをしなければ安全に乗ることができません。何かがあったときに「あの時点検しておけば…」とお客さまが後悔するのは絶対に嫌なんです。私がお声がけすることで点検や整備に行こうかなと思ってもらえるように、しっかり信頼関係を深めていきたいと思います。車の話だけでなく雑談も大切にしながら、お客さまに「ちょっとお茶を飲みに来たよ」と言っていただけるような距離感を目指していきたいですね。