わが社のここがポイント
  • ダストコントロール業界のパイオニア
  • 若さ、爽やかさに溢れ、活気あふれる企業風土
  • 頑張る社員を応援する人事制度や表彰制度

慣れ親しんだ土地を車で走っていると自然豊かな信州を感じることができます。大学時代は千葉県で過ごしていましたが、他県で過ごしたことで自然が豊かな信州の良さを改めて感じ、長野で働きたいという気持ちを明確にすることができました。

今の会社を選んだ理由は

地元での就職を決めていたので、約2ヶ月間実家に戻り集中して就職活動を行いました。正直に言うと、就職活動を始めたときはまだやりたいことが定まってなく、幼い頃からサッカーをしていたので体力には自信があったことと、人と接することが好きだったので、体を動かしたり人と接することができる仕事があればいいなと漠然と考えていました。当社を知ったのは、オープンオフィスデーという会社説明会兼一日職場体験に参加したのがきっかけ。会社説明の後に、先輩と一緒にお客さまのところへ車で回ったのですが、その時、お客さまと楽しそうに話をしている先輩の姿をみて、自然に会話ができるぐらい信頼関係が築けるっていいなと感じました。オープンオフィスデーへの参加は働くイメージを具体的に想像することができ入社を希望するきっかけの一つとなりました。

どんな仕事をしていますか

既存のお客さまへ訪問をし、レンタルマットやモップの交換をしたり、ペーパータオルや洗剤、新商品などの提案を行っています。エリアは青木島周辺を担当。集配時に「新商品どうですか?」とあからさまには話してしまうとお客さまも構えてしまうので、何気ない会話の中から困っていることやニーズを拾い、商品の提案に繋げています。スポーツの話や天気の話など、仕事の話だけではない日常会話ができることも楽しみの一つです。また、「いつもありがとう」など感謝の言葉を直接聞けるのも嬉しく日々仕事の励みになっていますね。

休日の過ごし方は

サッカーの社会人チームに所属しプレーをしてます。試合や練習がないときは、友人と食事をするなどしてリフレッシュしています。保育園の頃から知っている気心の知れた友人とすぐ会えるのも地元で働く良さだと感じています。