わが社のここがポイント
  • 長野県戸建・共同住宅総着工棟数No.1
  • 住宅事業は「サービス業」と考え、「楽しく」仕事をしようと取り組んでいます
  • ブランド力や商品力はもちろん、社員のチームワークや人柄も強みです

学生時代に住宅関連の研究室に所属していて、古民家をCADで起こしたりしていました。卒業時に二級建築士の資格が得られる学部だったこともあり、就職先にはその経験が生かせる住宅メーカーを選択。大学は神奈川県にありましたが生まれ育った長野県での就職を希望していたので、県内の企業を数社受けて当社から内定をいただくことができました。最終的に当社を選んだ理由は「家を売るのではなく『暮らし』を売る」という企業理念に共感したからです。 

一日のスケジュールは

朝9時半に出社します。私のおもな担当場所は松本住宅公園展示場なのですが、日によっては近隣の展示場へ出向くこともあります。展示場がオープンしている10時から18時までの間、展示場へお越しいただいたお客さまに住宅のご案内、ご提案をすることが、日々の業務です。外へ出ることも多く、自社の分譲地をお客さまと回ったり、役所や銀行に相談に行くこともあります。19時ぐらいには退社します。
 退社後は友人と会ったり、家族と食事をしたりして過ごしていますね。休日は水曜と木曜で、最近まで宅建の勉強をしていましたが、気分転換に趣味のランニングなどをして楽しんでいます。

仕事のやりがいは

住宅営業は、お客さまに寄り添って「家づくり暮らしづくり」という夢を一緒に実現していく仕事です。お客さま一人ひとり家に対する考え方や要望がまったく異なるので、お客さまによって話し方を変えるなどの工夫をして取組んでいます。仕事内容が毎回異なるという部分が、この仕事のおもしろいところです。結果を出せる営業担当になるべく、先輩や上司の実際の接客から学ばせてもらったり、自分自身も毎日練習を続けています。

信州で働くことの魅力は

都心に比べて高い建物がなく開放的な暮らしができるところ、空気がおいしいところです。一度長野を離れたからこそ、ここで暮らすありがたみを実感することができました。