わが社のここがポイント
  • 設計から製造まで、技術や設備のすべてが詰まった会社
  • 最先端の技術に触れながら、自身のスキルアップを目指せる環境
  • 新人やベテランに関わらず、個々の意見や行動が尊重される社風

子どもの頃からモノづくりが好きで、特にロボット分野にとても興味がありました。小学校の卒業文集に「ロボットをつくる人になりたい」と書くほど、生き物ではないのに“動く”不思議さに魅了され続けてきたのです。高専在学時にはロボット製作を行なう部活に所属し、ロボットにサッカーをさせる競技で全国大会に出場しました。この経験から、就職するならチームでモノづくりができる環境がいいと考えるようになり、当社と出会いました。VAIOといえばパソコンが有名ですが、ロボットなどの新規事業にも積極的に挑戦していることも魅力的で、VAIOブランドで培ってきた技術力や設備・環境にも惹かれて入社を決めました。

どんな仕事をしていますか

NB設計部に所属し、ロボットなどを動作させるための電子回路・制御方法の設計を行なっています。EMS事業を中心に担当することが多いのですが、入社して最初に担当したロボット「株式会社バンダイ様”ガンシェルジュ ハロ”」が最近、商品として販売されました。私が担当したのは、球体のハロが、左右に揺れた状態からまっすぐ立てるように動作や速度を制御する「モーション制御」の設計です。試作やフィードバックを繰り返し、動作の細かい部分まで設計をしていきました。自分が設計したことにより、ハロが思った通りの動きをしてくれるようになったので、達成感がありますね。

今後の目標は

EMS事業の醍醐味は、ゼロからのモノづくりに挑戦できることです。お客さまからのご依頼は多岐に渡るので、チーム一丸となってチャレンジしていかなければいけません。当社は設計から製造まで、すべてを1つの会社の中で行なっています。設計の意図や困りごとも、実際に対面して伝えられるので、チームでモノづくりをしている実感があります。「こんなことをやってみたい」という意見も言いやすく、取り入れてもらうこともあります。知識や技術を磨いて、ゆくゆくは「この分野は清水に任せよう」と言っていただけるようなスペシャリストを目指していきたいですね。