わが社のここがポイント
  • 「長野県産」ブランドの農畜産物を自信と誇りを持って販売できる
  • 活躍できるフィールドが広い
  • 日本の食の根幹を支える仕事ができる

祖母が果樹農家であったことから農業を身近に感じながら育ちました。大学では植物の品種改良や遺伝子について学び、私にとって「農業」や「食」は常に関わりの深いことでしたので就職も自然とその方面を考えるようになりました。また昨今の生産者の高齢化による農業の衰退についても、何らかの形で長野の農業に貢献できたらという思いがありました。JAはグループの中でも、「生産者により近い場所で働く」ことを考えたとき、農産物の販売を通じて生産者さんの手取り向上などに関われるJA全農長野の仕事が自分のやりたいことだと考えました。

どんな仕事をしていますか

現在、青果物や花きの流通は卸売会社を経由した取引が大部分を占めていますが、私の業務は卸売会社を経由しない市場外流通を促進することです。長野県産の青果物・花きを直接、量販店・生協・加工業者さまに取引してもらえるよう新規開拓などを行います。昨年の4月から営業に配属になり、始めは不安でしたが、わからないことは先輩方が優しくサポートしてくれるので、一歩ずつ前に進むことができました。また、数字が明確な目標としてあることもやりがいにつながります。どんな仕事でも前向きに取組めば、新たな「やりがい」や「おもしろさ」を見つけられると思います。可能性はいつでも無限大、「できない」と思わず新しい仕事も「まずやってみよう!」とチャレンジしていくことが大切だと実感しています。

今後の目標は

農産物に関する知識は、日常の業務において、日々習得に努めています。組織の中で1番と言われるような知識、スキルを身に付け、目標を着実に達成していくとともに、生産者さんから頼りにされる職員になることが私の目標です。

休日の過ごし方は

ドライブに出かけたり、アウトドアを楽しんだりしています。今年から登山を始めました。長野県は四季を強く感じることができ、休日に自然を楽しめるレジャースポットに足を運びやすいのも魅力のひとつです。