わが社のここがポイント
  • 地図に残る建物をつくれる
  • レクレーション活動が充実している
  • 女性技術者も活躍できる

大学では建築について学び、什器関連やゼネコンを中心に就職活動を行いました。その中で、幼いころから見たり、利用したりしてきた建物を当社が施工していたことを知り興味を持つように。例えばビッグハットは身近な建物だったので、初めて知ったときは「すごい!」と思いましたね。面接の際には、母校の篠ノ井高校の施工にも関わっていたと聞きとても驚きました。地元に自分が携わった建物ができることで、地域に貢献できるのではないかと考え入社を決めました。

どんな仕事をしていますか

さまざまな建物の施工図を書く仕事をしています。施工図とは、設計図よりも細かい部分まで記載された図面のことです。建物をつくるのになくてはならない図面で、これをもとに実際に建物ができていきます。建築の基盤ともいえるものなのでプレッシャーもありますが、自分の書いたものが建物となり、ずっと残っていくことが嬉しいです。これまでホテルや給食センターなどを担当しましたが、実際に建物を利用している人がいると思うと、役に立っていると実感できますね。今後は一級建築士を取得して、さらに高いレベルの仕事をしていきたいです。

女性が活躍しているのですね

ゼネコンと聞くと「女性には大変そう」というイメージを持って、尻込みしてしまう人がいるかもしれませんね。私も入社するまではそう思っていました。まだまだ男性が多い職場ではありますが、当社には女性の技術者が2名いますし、現場に出ている女性社員もいます。女性ならではの目線でお客さまが使いやすい提案をすることもできるので、ゼネコンや建築に興味があるのなら、迷わず入ってきて欲しいです。また、当社には面倒見のいい人が多く、困った時にすぐに声をかけられる雰囲気があるので、男女問わず働きやすい環境だと思います。

休日の過ごし方は

計画的に休暇を取れるので、学生時代の友人と旅行に出かけることが多いです。最近は金沢に行ってきました。また、当社の写真クラブに所属しているので、他の支店・部署の人とも交流をしていきたいですね。